« エンゼルトランペットが咲く | トップページ | 最新設備の病院と質素な佇まい »

2009年7月 9日 (木)

母を見送り、義弟が……

P100 P101 P102 P103 永らくブログ更新を休んでいました。

周囲を観る余裕がなくなり、書く気力が失せていました。

また、気張らずに書ける時にアップしていこうと思います。

母を浄土の世界へ送り届けて早くも10日が過ぎました。

生前、多くの方々から激励やご心配をいただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

事後の整理、まだまだ片付きませんが、焦らず徐々に進めていきたいと思います。

先日、業者と葬儀の費用清算を行っている時、妻から電話がありました。

「弟が倒れた。今から田舎へ行く」心筋梗塞をおこし、心停止になったらしい。

一瞬、不吉なことが頭をよぎってしまった。

義弟は独り暮らし。病院に集まった姉妹の話し合いで妻が身元引受人になったそうだ。

姉妹で妻がいちばん若い事、私がフリーで動ける事、なによりも妻の弟に対する気持ちが決め手のようだ。

私もその気持ちに賛同し、少しでも力になれればと思っている。

月曜日に続き、今日も主治医の病状説明を受けに病院まで行って来た。

病院は茨城県にある。片道160km、車で2時間半ほどかかる。

長姉が一番近くにいるが、それでも40kmほど、高齢と車を使えないのがネックだ。

妻が身元引受人になった理由の一つにもなっている。

病状はあまり優れない。退院できても普通の生活に戻れそうもない。他の持病が影響しているそうだ。

医療相談員とも話し合った。介護申請手続き、施設の件、介護支援センターの紹介などきめ細かい対応に心強く感じた。

暫くは、病院へのドライブが増えそうだ。自らの健康管理を怠らないように気を引き締めようと思う。

病院は街並みとは不釣り合いの立派な建物です。3年ほど前に竣工された新しい病院で、地域の中核病院としての役割を担っているようだ。

庭にはねむの木、紫陽花の花が咲き、埼玉より少し季節の移ろいが遅い感じです。

|

« エンゼルトランペットが咲く | トップページ | 最新設備の病院と質素な佇まい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらくブログをお休みしていましたので心配していました。お母さんがお亡くなりになったのですか。
ご愁傷様です。衷心よりご哀悼いたします。
ずいぶんこのブログでお母さんに対する手厚い思いを読ませていただいていました。
義弟さんも心配ですね。
不思議なことに、重なる時は重なるものです。

投稿: シンさん | 2009年7月 9日 (木) 21時44分

シンさん
哀悼のお言葉、ありがとうございます。
一段落と言っては何ですが、電話にはびっくりしました。
健康で居られる者として、出来得る事はしたいと思っています。

投稿: 青さんよりシンさんへ | 2009年7月 9日 (木) 22時37分

ブログ記事から拝察して、母上さまの具合が深刻なのかと案じておりました。
ご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます。
義弟の病状も心配ですね。
往復320kmは、日帰りはキツイ感じで連続は大変ですからご自愛ください。

投稿: 松ちゃん | 2009年7月 9日 (木) 22時38分

ご心配おかけしました。
お悔やみのお言葉ありがとうございます。
101歳、覚悟していた往生、それなりに受け入れられました。連日、深夜の病院通いが大変でしたが。
きょうの彩友会には出席します。
よろしくね。

投稿: 松ちゃんへ青さんより | 2009年7月10日 (金) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母を見送り、義弟が……:

« エンゼルトランペットが咲く | トップページ | 最新設備の病院と質素な佇まい »