« 父の日のプレゼント | トップページ | ラベンダーが見頃に »

2009年6月22日 (月)

反逆(正義)の時を生きて

P001  暫く新聞を見るのが楽しみになる。

 朝日新聞・夕刊一面に連載されている「ニッポン・人脈記」に「反逆の時を生きて」のシリーズが始まったのだ。

 第一回が金曜日で「二十歳の原点」。大学闘争の中で人生に悩み、自殺してしまった高野悦子さんの残した日記。娘を信じ愛し続ける老いた母の言葉に思わず涙がこぼれる。

 今日の二回目に日大全共闘議長の秋田明大君が登場した。

 政治色がない(ノンセクト)、真面目な人間、朴訥とした語り口ゆえに絶大な存在感を持ち、我々のリーダーとして闘争の先頭にたった。

 国家の庇護のもと、腐敗した大学はそのまま生き残ったが、正義のために闘った多くの仲間が傷を引きずって生きている。

 あと何回か同時の仲間の話が掲載されるだろう。どんな人生を送り、今どうしているのか楽しみにしている。

P002  ところで、庭にキノコが大量に発生した。昨年生えたキノコと違って、始め見みるものだ。

 今の天候がキノコの生育に適しているのだろうが、キノコは菌糸で増えるのだ。どうしてここに菌糸が来たのか不思議でならない。

 食べられるキノコ、毒キノコかは分からない。キノコの素人判断は危険だといわれている。見るだけにしておく。

|

« 父の日のプレゼント | トップページ | ラベンダーが見頃に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反逆(正義)の時を生きて:

« 父の日のプレゼント | トップページ | ラベンダーが見頃に »