« 暑い一日、紅テントに出会う | トップページ | 光と影 »

2009年5月13日 (水)

雑草の中の桃色昼咲月見草

P001 P002 P003  一カ月以上前には華麗な姿を見せていた桜並木、今はその面影はありません。

 宴の場となった桜の木の下はすっかり雑草に覆い尽くされました。雑草の成長の早さ、生命力は凄まじいですね。

 そんな雑草の中にひと際目立つサクラ色の花が咲いていました。桃色昼咲月見草です。

 本物の月見草は夕方に咲き、朝には萎んでしまいます。花の色は白か黄色です。

同じアカバナ科マツヨイグサ属の仲間で、昼間に咲くので名になったそうです。

北米原産で園芸用に栽培されていたものが野生化したものです。花を見ると弱々しく見えますが、雑草の中で育つとはかなりの生命力です。

|

« 暑い一日、紅テントに出会う | トップページ | 光と影 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑草の中の桃色昼咲月見草:

« 暑い一日、紅テントに出会う | トップページ | 光と影 »