« アカメの赤い新芽 | トップページ | 散るサクラの風景を楽しむ »

2009年4月10日 (金)

サクラ散る……思い出す「不合格」

P03 P01 P02  昨日、今日と25℃を超える夏日になりました。日差しを直接浴びると暑いですね。

 衣類は冬ものから春ものに替えたばかりなのに、半袖のシャツが欲しくなります。

 珍しい早朝の散歩は清々しい陽気でしたね。サクラの花はまだ見頃ですが、散り始めた花びらが遊歩道にいっぱい落ちています。風が吹くと舞散る花びらがまたきれいでしょうね。

 桜が散る時に必ず思い出す事があります。入社試験の結果報告です。当時は電報で結果を知らせてきました。「桜散る××××(社名)」不合格の知らせです。

 学校推薦で過去の実績からほぼ大丈夫だと言われていたが、いざ試験に臨んだところ、試験場の雰囲気に呑まれてしまったのか得意の教科でしくじってしまった。実力不足なのだ!

自分の解答が間違っているのは分かるが正解が導き出せない。焦りが出てくる。なおさら頭は混乱する。試験が終わって冷静になると解答の出し方が分かった。ダメだと思った。

人生なんて、その会社に合格していたら良かったというものでもないと思う。別の人生があったかも知れないが答えは分からない。「たら、れば」の話は経験できないだけに考えても意味がないのだ。

今、こうした人生を歩んでいる事は、あの試験が不合格だった結果も一つの要因で、良かったのかも知れない。いや、良かったと思っている。桜の時期に思い出す「桜散る××」は若かりし頃の思い出の一つです。

|

« アカメの赤い新芽 | トップページ | 散るサクラの風景を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分でこの仕事が合っている、希望すると思っていても、いざ、現実の社会生活をするとその中で不思議と自分の生き方、得意な部分が分かる気がしました。
これは自分としての信念がないせいでしょうか。
しかし、若い時に、信念を決めることにも問題があるようにも思いますね。

投稿: 昭 JIJI | 2009年4月10日 (金) 21時41分

昭 JIJIさんコメントありがとう。
そうですね。若い時にやりたいと思った仕事なんて、外見から見た感じだけで決めていたような気がします。信念を決めるほど世の中を知らず、判断力もなかったように思います。
まして組織に入ってしまうと思い通りにならいのも現実です。
そんな中でも、自分の適性に合った仕事に就き、力が発揮できたら幸せでしょうね。

投稿: 青さんより | 2009年4月11日 (土) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラ散る……思い出す「不合格」:

« アカメの赤い新芽 | トップページ | 散るサクラの風景を楽しむ »