« サクラ、夕焼け、飛行機雲 | トップページ | 桜の花がたわわに実る »

2009年4月 6日 (月)

梨の花が咲き始めました

P01_2 P04   暖かい春の日です。公園の池では満開のサクラ、枝が緑に色づいた柳を背に、太公望たちが釣り糸を垂れています。優雅でのどかな風景です。

 この時期どうしてもサクラの花に目がいってしまいますが、梨の白い花が咲き始めました。

 梨の花は通常、サクラの花が散り始めるころに開花しますが、このところの異常気象でサクラが遅くなったためか同じ時期に咲いてしまいました。

 これから忙しい受粉作業が始まります。

 なぜ受粉作業をするのか? 梨は同じ品種間の受粉では結実しないそうです。また違う品種でも結実しない組み合わせがあるそうです。

遺伝子が関係しているらしく、結実する種類の花粉を手作業で受粉させるそうです。大きな梨園をやっている農家は家族総出でも足りず、アルバイトを動員して作業をしています。

この地域では8月上旬の幸水から始まり、豊水、新高、最近作付けされ出した秋月が9月下旬に出荷されます。

以前より、梨畑が減ってきましたね。老齢化などが影響しているのでしょうか。

|

« サクラ、夕焼け、飛行機雲 | トップページ | 桜の花がたわわに実る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梨の花が咲き始めました:

« サクラ、夕焼け、飛行機雲 | トップページ | 桜の花がたわわに実る »