« クヌギの蕾 | トップページ | 梨の花が咲き始めました »

2009年4月 5日 (日)

サクラ、夕焼け、飛行機雲

P01  午後から良い天気になりました。

 近くの公園のサクラは三分から五分咲きといった感じです。

 新入生はサクラの下で入学式を迎えられ、きっと想い出に残るものになるでしょう。P02 P03

 日の入り間近の太陽がひと回り大きく見えます。太陽が沈んで行く毎に変化する夕焼け空がきれいです。暫く眺めているとチョット感傷的になりますがこの空間が良いですね。P05

 夕焼け空から離れた北の空には白い飛行機雲が数本見えました。頭上には北から南に向かう機影と飛行機雲です。機影から大型の旅客機のように見えます。

 飛行機雲はなぜ発生するのか? 飛行機の飛んでいるところは、マイナス数十度という世界ですから、人間が冬の日に「ハーッ」と息を吐くとその息が白くなるように、エンジンの排気ガスに含まれる水蒸気も白くなります。

でも、飛行機が飛んでいれば必ず飛行機雲が発生するわけではありません。空気中にある程度の水蒸気が含まれていることが条件なのです。排気により空気中の水分が増加し飽和状態となり、低温のために凝固して氷晶(いわゆる雲)となります。これが飛行機雲です。

分かっていたような事を言っていますが、実は調べた結果です。

|

« クヌギの蕾 | トップページ | 梨の花が咲き始めました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラ、夕焼け、飛行機雲:

« クヌギの蕾 | トップページ | 梨の花が咲き始めました »