« 息子の転職、転勤に思う | トップページ | 背筋痛でゴロゴロ生活 »

2009年3月22日 (日)

厭な「お金」の相談

P01 P02  知人から相談に乗って欲しいとの連絡、あまりにも思い詰めたような感じに会うことになりました。

 相談の内容は「お金」だった。要は借金地獄に嵌まりそう、どうしたら良いだろうかというもの。実にいやな相談だった。私にお金を貸して欲しいと言ってこなかったのが救いだ。

 現在の借金総額、毎月返済額、収入と必要経費など資料を出してもらい、生活の改善でどこまでできるか、また、親兄弟からの支援の可能性も聞いた。かなり厳しい実態だ。この際、きれい事を言っている場合でないこと、頭を下げるべき所は下げ、家族にも包み隠さず話す必要性を説いた。

また法定金利を超えた借金については公的機関の相談窓口に行くことを勧めた。それにしても年利27%という法外な金利を取る業者がまかりと通っていることには驚いた。1ヶ月後までに状況の報告を求めた。

 今回の問題が解決しても、また同じことの繰り返しでは意味がない。身の丈にあった生活の大切さ、生き方の問題、価値観まで話は続き、本人がどれほど感じ取ってくれたのだろうか。見守るしかない。

 帰りに実家によって庭と鉢植えのクリスマスローズの花を見て心が落ち着きました。

 花言葉「追憶」「私を忘れないで」

 今回の件、解決して欲しいし、解決したら「追憶」ではなく忘れたい話、恩を売る訳ではないが「私の話は忘れないで」で欲しい。

|

« 息子の転職、転勤に思う | トップページ | 背筋痛でゴロゴロ生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厭な「お金」の相談:

« 息子の転職、転勤に思う | トップページ | 背筋痛でゴロゴロ生活 »