« 埼玉県庁に初登庁 | トップページ | 花見がダメなら桜餅 »

2009年3月28日 (土)

子供が赴任地へ旅立つ

P03  高速道路が1000円になった初日、息子が赴任地の秋田へ旅立った。

 2年間の別居結婚が解消され二人の新生活が始まる。おめでとう!

 子供が独立することは嬉しいことであるが、一末の寂しさもあります。これって子離れできない親ということでしょうか。

 きょうも出発するまでひとりで部屋の整理に没頭していたが、まだ片付けが終わっていない。五月の連休に片付けに来ると言っているが大丈夫だろうか。パソコンに本、カセットテープにCDとDVD、そして鉄道と飛行機の切符などが手つかずのままだ。

 趣味が多いのは良いことだが、整理が出来ないとたまる一方だ。私にとっては紙屑やゴミでも彼にとっては大事なものなのだろう。

 5月までは保管することとしても、その後に残したものはこちらで処分することを告げた。仕事の忙しさにかまけて整理してこなかったツケが回ってきている。これも経験とはいえ気が付くのが遅すぎだ。いや気が付いているのだろうか?

|

« 埼玉県庁に初登庁 | トップページ | 花見がダメなら桜餅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供が赴任地へ旅立つ:

« 埼玉県庁に初登庁 | トップページ | 花見がダメなら桜餅 »