« お彼岸、墓参り | トップページ | 厭な「お金」の相談 »

2009年3月21日 (土)

息子の転職、転勤に思う

P01_2  3月は年度末、勤め人にとっては4月からの人事異動の季節でもある。

 わが家では二人の息子の勤務地が変わることになった。昨夜から久し振りに家族全員が揃ったが慌ただしい日々です。

 長男は秋田での生活を希望し、念願がかない採用試験に合格して転職(業務は同じ)となった。3月末までは東京での業務があるゆえ、有給休暇を取っての引っ越し作業にてんてこ舞いの状態です。きょうもダンボール箱5個を車に積み出かけました。

 二男は神奈川から都内の本社勤務になった。埼玉から神奈川そして東京へ2度目の転勤です。本人は東京への転勤はないだろう、また一番行きたくないと言ってただけに皮肉である。移動するなら北関東を希望していたとか。

通勤が便利なようにアパートを探したようだが、現在のアパート(法人契約)から通えることで認めて貰えないようだ。敷金、契約金などを自己負担すれば良いのだが、20数万の出費は大きいと躊躇している。

勤め人は会社の都合で人事異動が行われます。そして、自分の適性・能力にあった仕事に就けると限りません。それをわきまえた仕事ではあるが、自身の欲得ではなく人間として社会的責任を意識した仕事をしてもらいたい。

プレカリアート全盛の世情、自身が恵まれた環境にいることを自覚し奢らず生きて欲しい。いつまでも親ばかではあるが!

|

« お彼岸、墓参り | トップページ | 厭な「お金」の相談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子の転職、転勤に思う:

« お彼岸、墓参り | トップページ | 厭な「お金」の相談 »