« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

スキー、滑りおさめかな?

 今年は雪不足。例年、5月のゴールデンウイークまで営業予定のスキー場も今年は早仕舞いになりそうな気がします。P01_2
 そう思ったのが一昨日、さっそく行ってきました。
 今回は日帰りスキー、時間があまりかからない所で沼田ICから行ける丸沼高原スキー場にしました。行きたいと思っていたスキー場、今回その願いが叶いました。P02_2 P03
 関東最高峰の日光白根山(2578㍍)の山麓に広がるスキー場、天候が良ければ尾瀬の山々、谷川岳、浅間山まで見渡せるそうだが、生憎の靄った空模様に絶景を楽しむことはできませんでした。残念!Panorama1
 白根山の雄姿もすばらしいでし、武尊山は目の前に、燧ケ岳はゴンドラからはっきりと見えました。、至仏山は真っ白に雪を被り、霞んでいましたが確認できました。
 スキーの方は上部は2000㍍もあるので、雪質はこの時期としては良い方です。さすがに下部はシャーベット状、春スキーそのものでした。
 滑りおさめのつもりでいますが、心が 動き出したらまた出かけるかも?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

桜三昧、ソメイヨシノばかりが桜ではない

 好天に誘われて北本、桶川の桜見物に出かけました。ソメイヨシノだけが桜ではない、今が見頃の桜もあります。
P01  
阿弥陀堂のエドヒガンザクラ。樹齢約200年、市の天然記念物に指定されています。あでやかな濃いピンク色で今が見ごろです。

P11 P12 P13  高尾さくら公園。阿弥陀堂の南側にあります。ソメイヨシノは開花したばかり、彼岸桜、緋寒桜系は今が見頃です。今日も多くの花見客で賑わっていました。

Sizenkouen Kitazato  北本自然公園内のエドヒガンザクラ。遊歩道沿いに自生している高さ30㍍近い巨木、散り始めていました。北里メディカル病院の前には桜が多いですね。北里大学看護専門学校のシダレザクラが見事でした。

P31 P32  北本と言えば東光寺境内の石戸蒲ザクラが有名。日本の五大桜に数えられる名木はまだ開花していません。蕾がやっと膨らんだ状態で、見頃はまだ先のようです。

Fumon  少し南に下がって桶川の普門寺のシダレザクラです。エドヒガンザクラの変種で小ぶりの花がきれいです。

 今年の早春は気候が変動し、桜も開花を迷っているようです。それだけに長期間に渡って桜を楽しめそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

花見がダメなら桜餅

Sakuramoti

 きょう当たりが花見の最盛期と予想していたが、下旬からの冷え込みで桜も開花を躊躇しているようだ。今週末から気温が上がりそうで平年並みになりそうです。

 見る方がだめなら食べる方でと「桜餅」を買ってきました。薄い塩味の桜の葉と香り、そして甘い餡子の取り合わせが絶妙です。舌で花見ならぬ桜を感じました。

 戦後に幼少期を過ごした多くは甘いものに餓えていました。今でも餡子を使った和菓子は大好きですね。ズルチン、サッカリンの甘味料を使った餡子を知っているのは「アラカン」の世代から上でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

子供が赴任地へ旅立つ

P03  高速道路が1000円になった初日、息子が赴任地の秋田へ旅立った。

 2年間の別居結婚が解消され二人の新生活が始まる。おめでとう!

 子供が独立することは嬉しいことであるが、一末の寂しさもあります。これって子離れできない親ということでしょうか。

 きょうも出発するまでひとりで部屋の整理に没頭していたが、まだ片付けが終わっていない。五月の連休に片付けに来ると言っているが大丈夫だろうか。パソコンに本、カセットテープにCDとDVD、そして鉄道と飛行機の切符などが手つかずのままだ。

 趣味が多いのは良いことだが、整理が出来ないとたまる一方だ。私にとっては紙屑やゴミでも彼にとっては大事なものなのだろう。

 5月までは保管することとしても、その後に残したものはこちらで処分することを告げた。仕事の忙しさにかまけて整理してこなかったツケが回ってきている。これも経験とはいえ気が付くのが遅すぎだ。いや気が付いているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

埼玉県庁に初登庁

P01 P02  きょうはPC勉強会の日です。息子を駅まで送るため早めに家を出ました。予定より1時間以上も早くに着いたので、駅前通りを県庁方面に歩いて見ました。

 県庁に行ったことはありませんが、傍を車で通った事は数え切れません。旧17号から入って左側が県庁、そして左に急カーブ、直ぐに右に急カーブ、そのまま正面が浦和駅です。しかしこの逆を走った記憶はありません。

 きょうはその逆を歩いたのです。浦和の街は静かなイメージがありましたが、以外と賑やかな街並みに??の感じです。そういえば此処を通るのは夜ばかりだった気がします。イメージなど思い込みだけでいい加減なものですね。

 急カーブの所が正面入り口なのでしょうか。石に彫られた「埼玉県庁」の文字、しかし「ここはみなさんの通路です。駐車しないでください。」と書かれた大きな植木鉢が並び、車は通れないようです。そう急カーブでの車の出入りは危険です。

 正面に向かって右側に桜の木が多くありましたが、まだ開花した花がチラホラという感じでした。

 P03 小一時間の散歩でチョットお腹も空きました。西口駅構内のパン屋さんに入り胡麻ウインナーとレザンポム、コーヒーで軽い三度目の食事です。コーヒーの味は?ですが、パンはなかなか美味しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

満願寺のシダレザクラ

P01  先週の暖かい陽気は何処へいったのだろうか、ここ数日の朝晩は寒い日が続いています。

 桜の開花も予報より遅れているようだが、平年より10日ほど早い予報だっただけに平年に近くなったという事ですね。

 きょうはソメイヨシノより早く咲くシダレザクラを見に行田の満願寺に行ってきました。願いが幾らでも叶いそうな縁起の良い名前のお寺です。門の左奥に見えるのがシダレザクラです。P11 P12

 ここのシダレザクラの木は樹齢が約600年といわれています。それだけに根元近くの幹が枯れ腐りかけて痛々しい感じがしました。また、横に伸びた枝には棕櫚や草、ケヤキらしき木が寄生して樹勢を弱めているようです。樹勢を守る良い手立てはないのか、早めの手当てが必要ではと心配しました。Shidaresakura

 それにしても、きょうは満開とまでいかないが立派なものです。毎年見事な花を咲かせているようだ。Mongai

 門の前には境内の静けさとは打って変って紅梅?や雪柳、花大根、レンギョウが華やかに咲き、場違いのような大きなサボテンがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

モデムに不具合の連絡

P11  NTT東日本から「『IP電話』対応ADSLモデムの不具合に関するお詫び及びご対応のお願い」が送られてきた。

 私が使っているモデムにソフトウェアの不具合がある。約6年9ヵ月間(2485日間)連続して電源を入れたまま使用すると対象機器に接続した電話機からの発信、および「IP電話」の着信ができなくなるというもの。

 対処法方法は

1、対処済みソフトウェアへのバージョンアップ

2、電源のアダプタコードーを抜き差しする

 のどちらかを行うもの。

 ところで、今のモデムは何時から使っているのか確認したら、05年9月からでした。モア(12Mタイプ)からモアⅢ(47Mタイプ)に契約変更した時ですから、まだ3年6ヵ月です。不具合が出るまでまだ3年以上もあるので急ぐことはないし、それまでこのモデムを使っているか分かりません。

 そんな訳で、簡単な方法「2」を行いました。

 家には二人の息子と私の3台のPCがあったが、このモデムはLAN側の接続端子が一口なのでルーターを使って3台を繋いでいました。その後、二男坊が無線LAN装備のPCとモデムを買ってきて接続したが、無線LANの接続状態が不安定で諦めました。いまはその無線LAN用のモデムがルーターの役割を担っています。2台のモデムが並んでいるのはそんな理由です。

 3年後はテレビが完全デジタル放送の時代、おそらくPCとテレビ間の通信、接続などもあり、ADSLから光通信の時代に変わっていくものと思われる。最近、光通信の勧誘電話がよくかかってくるが、今は必要性を感じていないが、その時は来るでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

清楚な感じの白い花

家の周りに咲く白い花です。華麗な桜の露払いのように咲いています。白い花は清らかなイメージですね。白があるから有色の花が華やかに見え、派手な色があるから白が清楚に感じます。P01 P02

アセビ(馬酔木)

小さな壺の形の花がかわいいです。馬が食べると酒に酔ったようになり、足がなえると言われているが?P03 P04

ユキヤナギ(雪柳)

雪のような白花、柳のような枝葉からその名がついた。白でも派手なイメージです。P05

すもも(プラム)

「もも」に比べて酸っぱい味から「すもも」と言われているが、「もも」とは別種です。「日本すもも」(中国原産)はプラム、「西洋すもも」をプルーンと分けているが、「すもも」は英語でプラム、フランス語でプルーンという。食用にはソルダムなど品種改良され種類が多くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

背筋痛でゴロゴロ生活

P01  桜の主役ソメイヨシノの開花が伝えられていますが、いつもの遊歩道や公園の桜は蕾が膨らんできた状態です。今週末には見ごろを迎えるでしょう。

 ここ数日、背筋に凝りと痛みが出て動く事が鬱陶しいですね。どうやら原因は車の運転らしい。20日、22日と息子の車を運転しました。腰に負担のかかりやすい座席の低い車、椎間板ヘルニアの手術をしているので注意はしていたが、腰をかばったため上部の背筋にきてしまったらしい。

 そんな訳でチョット外出しただけで、あとは部屋でゴロゴロの一日でした。身体が不調だと気力まで萎えてしまいます。明日はすっきりした起床で迎えたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

厭な「お金」の相談

P01 P02  知人から相談に乗って欲しいとの連絡、あまりにも思い詰めたような感じに会うことになりました。

 相談の内容は「お金」だった。要は借金地獄に嵌まりそう、どうしたら良いだろうかというもの。実にいやな相談だった。私にお金を貸して欲しいと言ってこなかったのが救いだ。

 現在の借金総額、毎月返済額、収入と必要経費など資料を出してもらい、生活の改善でどこまでできるか、また、親兄弟からの支援の可能性も聞いた。かなり厳しい実態だ。この際、きれい事を言っている場合でないこと、頭を下げるべき所は下げ、家族にも包み隠さず話す必要性を説いた。

また法定金利を超えた借金については公的機関の相談窓口に行くことを勧めた。それにしても年利27%という法外な金利を取る業者がまかりと通っていることには驚いた。1ヶ月後までに状況の報告を求めた。

 今回の問題が解決しても、また同じことの繰り返しでは意味がない。身の丈にあった生活の大切さ、生き方の問題、価値観まで話は続き、本人がどれほど感じ取ってくれたのだろうか。見守るしかない。

 帰りに実家によって庭と鉢植えのクリスマスローズの花を見て心が落ち着きました。

 花言葉「追憶」「私を忘れないで」

 今回の件、解決して欲しいし、解決したら「追憶」ではなく忘れたい話、恩を売る訳ではないが「私の話は忘れないで」で欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

息子の転職、転勤に思う

P01_2  3月は年度末、勤め人にとっては4月からの人事異動の季節でもある。

 わが家では二人の息子の勤務地が変わることになった。昨夜から久し振りに家族全員が揃ったが慌ただしい日々です。

 長男は秋田での生活を希望し、念願がかない採用試験に合格して転職(業務は同じ)となった。3月末までは東京での業務があるゆえ、有給休暇を取っての引っ越し作業にてんてこ舞いの状態です。きょうもダンボール箱5個を車に積み出かけました。

 二男は神奈川から都内の本社勤務になった。埼玉から神奈川そして東京へ2度目の転勤です。本人は東京への転勤はないだろう、また一番行きたくないと言ってただけに皮肉である。移動するなら北関東を希望していたとか。

通勤が便利なようにアパートを探したようだが、現在のアパート(法人契約)から通えることで認めて貰えないようだ。敷金、契約金などを自己負担すれば良いのだが、20数万の出費は大きいと躊躇している。

勤め人は会社の都合で人事異動が行われます。そして、自分の適性・能力にあった仕事に就けると限りません。それをわきまえた仕事ではあるが、自身の欲得ではなく人間として社会的責任を意識した仕事をしてもらいたい。

プレカリアート全盛の世情、自身が恵まれた環境にいることを自覚し奢らず生きて欲しい。いつまでも親ばかではあるが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

お彼岸、墓参り

P03  きょうはお彼岸の中日、墓参りに出かけました。菩提寺は東京・国分寺市の祥応寺です。P02

 朝から降り出した雨は寺に着く頃にはすっかり止み太陽が顔をのぞかせ青空、春分の日に相応しい好天気でした。

 墓前に花と線香を手向け、亡き父、兄弟姉妹の冥福と我が家族を見守ってくれるようにお祈りしてきました。P04

 小平の実家には姉兄弟と連れ合い、甥や姪の子供など総勢11名が集まり、久し振りに賑やな談笑となりました。

元気な内に姉兄弟夫婦で旅行に行かないかと提案、皆それぞれ事情があるにせよ、基本的に賛同を得て検討していくことになりました。幹事役は私になりそうです。

 一族で旅行したのが母の米寿の祝いの時、甥や姪を含めて総勢13人の賑やかな旅行でした。あれから13年目になります。年寄りだけのゆっくりとした旅ができたらと今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

菜の花って何の花

P11  菜の花がそこかしこに咲いています。やはり春を代表する花です。

 P12 ところで菜の花って何の花だろうか?

 wikipediaよれば「アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか、アブラナ科アブラナ属の花を指す」となっています。
 
小松菜、野沢菜、カラシ菜、かき菜の花は菜の花と呼んでいましたが、その他にもいっぱいありそうですね。ところがいま咲いているのは何の花なのか分かりません。
 
近郊では菜の花畑を見ることは少なくなりました。
 
菜種油を取るための種子を育てる畑は菜の花を楽しめますが、生産が減少し生産地が限られているのでしょう。
 
食用に栽培されたものは花の咲く前に収穫されてしまうので菜の花畑にはなりません。
 
近くでは河川敷が一番多いですね。あと畦道、畑の端や公園など観賞用でしょうか。
 
この時期、河川敷で花の咲く前の菜を摘む人が見受けられます。軽くゆがいて御浸しにすると春の香りと味を楽しめます。我が家でも収穫してきて毎日味わっています。
 
観賞用の菜の花もきれいだが、菜の花畑一面の花は壮観です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月18日 (水)

ハクモクレンが一斉に開花

 きょうは予想を超えた暖かさになりました。20度を超えてまるで初夏のようです。車は花粉対策で窓を閉めっぱなし、車内温度はグーンと上がりエアコンを冷房に設定しました。P01 P02

 この陽気のせいか、少し前まで蕾だったハクモクレンが一斉に咲き始めました。同じ仲間のコブシ(辛夷)と咲く時期や花の形が似ていますが、ハクモクレンは花が大きくふっくらとしているので見分けられます。(正法院で撮影)P03 P04

 こちらは緋寒桜だと思いますが、花が固まって咲いています。この花だけ40以上の花が集まっていて、まるで蜂の巣のようです。メジロがチーチーと鳴きながら花蜜を求めてやってきました。(幸福寺で撮影)

 昨日はお彼岸の入りでした。きょうもお墓参りする人の姿が散見されました。私は例年通り中日に行く予定です。

(写真はクリックで拡大します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

きれいな花はマナーを良くする

P05_2  昨日よりも一段と暖かいポカポカ陽気です。午前中は一時小雨がぱらつき風も強かったですが、その後は春爛漫!サクラの開花も早まるのではないでしょうか。
 
大陸から黄砂の飛来が観測され、晴天にも関わらず赤っぽく霞がかかった様な空になりました。気温の高いこの時期は花粉症も悪化し薬の効果もうすれます。マスクは手放せません。P01
 
車で17号線を走っていたら、大宮西警察署から円阿弥北にかけた中央分離帯の一部に黄色いスイセンと青紫の花(名前は不明)が咲いていました。P02 P03
 
渋滞している時のイライラを癒してくれますね。
 また、この場所は車からのゴミのポイ捨てが酷い所です。特に信号の手前が多いので、信号待ちしている時に捨てるのでしょうね。
 昨秋、除草作業をしている時にゴミ袋の山を見て、マナーの悪さに驚きました。このように綺麗だとゴミを捨てるのを憚るのでしょうか、ゴミの姿はあまり見受けられません。このまま綺麗な状態が保たれれば、人の汚れた心を抑えてくれると思いますが難しいでしょうね。
 これから草丈が伸びてきます。草の陰はゴミの山になると思うと悲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

フサアカシアの花が満開

 コート要らずの暖かい一日でした。
 
いつもは夕方に行くプール、暖かさにつられて昼間に行ってきました。
 
夕方から夜のプールは閑散としていますが、昼間は賑やかでした。それもベテラン女性陣が多く、男女比は2:8位で圧倒されそうです。女性の健康志向は高いですね。平均寿命の長さも頷けます。P01_2 
 
帰りに公園の脇を通ると、先日(5日)出会った黄色い花、フサアカシア(ミモザ)の花にまた出会いました。今回は満開の状態です。P02 P03
 
よく行く公園ですが冬の時期は遠ざかっていました。プールの行き帰りには脇を車で通っていますが、暗かったためか気がつきませんでした。 

何月頃だったか黒紫色の鞘の豆がなっていたのを思い出しました。この黄色い花とあの実が結びつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

桜のイメージは?

P01_2 P02 P03   先週に第2回目の桜の開花予報が報じられていました。東京は3月24日前後になるらしい。花見の時期は4月の第一週の週末が定番でしたから、一週間以上は早くなった気がします。
 
桜と言えば小学校入学時に校庭に咲いていた風景と香りを今でも記憶しています。鼻たらし小僧が新しいランドセルを背負った入学式、初めて入った教室のペンキの匂いが思い出されます。
 
教室と言っても私が通った小学校は陸軍兵学校の校舎を移築したもので、多くの教室は今の教室の3倍位の大きさがありました。私たちは一番人数が少ない学年だったので、今の教室の6割位の広さの部屋で、一クラス20数名、二クラス編成でした。
 
桜の花は入学式など出会いのイメージでしたが、今では卒業、別れのイメージになりそうです。花が咲く方は人生のスタート、花が散る風景は別れを連想させますのでどちらでも良いのかも知れません。と言ってもこれは東京近郊の話、沖縄ではとっくに咲いていますし、北国では5月に入ってからですから、各地域の桜のイメージはそれぞれ違うのでしょう。
 いつもの公園の桜並木の蕾もだいぶ膨らんできました。あと2週間もすると桜花のトンネルになりそうです。お花見で人でも多くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

スキーを教えて得た喜び

P01_2   3日間のスキー行、昨夜帰ってきました。
 人に教える難しさと教えた人の上達に喜びを感じた3日間でした。
 初日は歩くこと、転んだときに起き上がることさえなかなか出来ませんでした。平らに近いコースでスピードをコントロールすることも儘ならず、どうなることか悩みました。
 2日目はタンネの森のスキー場への移動で中級者コースを降りなければならず、私を後ろから抱きかかえさせて滑りましたが、お互いのスキーが交差して何度も転倒、選択を間違えたと後悔しました。しかし、苦労しながら付いたゲレンデは滑りやすく、天候にも恵まれて気持ちも良く、格段に上達を果たしました。本人も自身をつけた様子にホットしました。
 最終日は中級者コースに挑戦させて見ました。技術的には旨く滑るのは無理、また望みもしませんが、ゆっくりでもいいから降りられる自信をつけてもらいたかった。期待に応えてくれました。
 中級者コースを滑った後に初日の初心者コースを滑りましたが、苦労していたことが嘘のようにスイスイ滑り、物足りなさを感じたようです。他人事でも嬉しかったです。
 一緒にいった父親は全くの自己流、恐怖心が強く腰の引けたフォーム、身体を振ってスキーの回そうとして転倒の連続、こちらを修正させる方が苦労しました。3日目には娘さんの方が格段の滑りで安定し、お父さんを追い越してしまいまいた。若さと素直さの勝ちです。
 また、機会があればスキーをやって見たいと、スキーを楽しく思っていただけたことがなによりも嬉しかったです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

志賀高原タンネの森より

志賀高原タンネの森より
昨日の夕方から降り出した雪は朝になっても降り続いていました。
スキーのベテランなら喜んで新雪に挑むチャンスだが、初心者には厳しいコンディション、雪の弱まるのを待ちました。
10時過ぎ、天候が回復してきたので車で高天が原スキー場に行きました。目的地は初心者向きのタンネの森スキー場です。
ここは林に囲まれた静かな所です。スキーの楽しさまたは雪と戯れる喜びを感じでもらえればと思いこの場所に来ました。
幸にも天候は素晴らしい青空になり、気持ち良く滑走できました。
明日の天気は下り坂の予報、午後まで持ちこたえて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

志賀高原から

志賀高原から
志賀高原にスキーに来ています。
友人とその娘さんの3人、娘さんはスキーが初めて、友人は初心者です。
中学卒業を機にスキーを経験したい、私に面倒を見てほしいと同行することになりました。
とは言いつつも私のスキーは自己流、指導する資格は持っていない。さてどのように教えたら良いか大変悩ましかった。
ともかく滑れるようになれ、リフトに乗れるようにはなりました。若い人の運動神経の良さ、覚えの早さは羨ましい限りです。
明日はスキーがは楽しく感じられるようにサポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

根の力、遊歩道を壊す

P01

 遊歩道を横切る盛り上がったアスファルト。
 
地震による断層のように見えます。
 これが土であればモグラの移動した穴かなと思います。
 高さはおよそ3、4センチ、幅は12センチ程です。
 写真の左側を見ると、その先に木の根がありました(下の写真)。P02_2
 遊歩道に沿って(写真の右側)桜並木があり、その根が遊歩道の下を通って伸びています。それが成長してアスファルトを押し上げたのです。根っこの力って凄いですね。
 この手前もアスファルトがひび割れをしています。やはり、その横に桜の木があるのでその根によるものと考えられます。
 桜の木の成長とともに遊歩道は亀裂が多くなり凸凹になります。遊歩道と木の根はこの先どうなるのしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

信州・手打ちそば

P01

3月6日から一泊で妙高赤倉にスキーに出かけましたが、スキーの前に立ち寄った信州のそば処「たかさわ」の話題です。
 この店に来たのは二度目です。一度目は今年1月19日に長男と妻と一緒に来た時です。そば好きの息子のお気に入りの店で、こちら方面に来る時には必ず立ち寄る店とか。美味しいそばを私たちに食べさせたいと立ち寄ってくれた所でした。
 今回は二男と親子
3人のスキー行です。今度は私が二男に美味しいそばを食べてみないかと立ち寄りました。P03 P04
 
注文内容は前回と同じで十割と二八のざるそばを一枚ずつ、妻は温かいキノコそばです。妻はそばの味があまり好みでないようで、そばを食べる時は具の入った温かいものを注文します。

私と息子で十割と二八を半々ずつ食べ比べました。汁をつけたら味は変わらない、というか、違いが分かりません。そばだけを食べると十割の方がのど越しが柔らかい感じがしますが、決定的な違いは私の舌では区別できませんでした。どちらも美味しいと言う事です。

P05_3 おしながき(メニュー)を見ていただければ分かるように、温かいそばには具が入っていても、冷たいざるそばより安いのです。冷たいそばは「手打ち」と書いてあるので、温かいそばは手打ちではないのでしょう。これはうどんも同じでした。

P06_2 そばの茹で上がり待つ間、野沢菜の漬物とキノコの煮物を出してくれました。キノコの煮物は美味しかったですね。食後にはリンゴのデザート付きです。こういった地元産のサービス嬉しいP07_3 ですね。

もうひとつ「そば」に「わさび」は付き物ですが、本物を擦って出してくれます。そのまま食べてみましたが、わさびの香りと甘味があるように感じその後に辛味がきましたが、生で食べられる辛さです。わさびを生で味わっては如何でしょうか。P08

壁には訪れた有名人の色紙が貼ってあります。今は亡き緒方拳さんのもありました。びっくりしたのは元総理の安倍晋三の色紙と写真でした。20年(昨年)220日の来店ですから、辞任してから5ヶ月後にこの地を訪れたのです。真冬に地元でもない辺境の地になぜ来たのか、訪れた時に何を思っていたのでしょうか。ちょっと気になりました。P02
 店の前にこの地が郷の「小林一茶」の句碑がありました。

そば処の たんを切つつ 月見哉

たん……自慢

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

歌舞伎町の今昔

P01_4

定例会合の前に新宿・歌舞伎町を歩いてきました。
 コマ劇場の閉鎖はニュースでは聞いていたとは言え、実際に目にすると感無量です。P02
 
東口駅前の賑わいに比べ人出の少なさには淋しさを感じます。
 
近くにはアイススケート場、ボーリング場、歌声喫茶などもあり高校時代からの青春そのものでした。P03
 
当時は渋谷、新宿、池袋を三大歓楽街(銀座は別格)と言っていました。渋谷は品性と高貴さを感じて近寄りがたく、池袋はサラリーマン向き、新宿は学生、若者の街あるいは庶民の街といった趣だったでしょうか。また、文化の発祥基地でもあったと思います。P04
 
きょうは歌舞伎交番から区役所通りへ抜け、裏道を通って花園神社へ行ってみました。性風俗のメッカといった感じですね。昼間から若者が客引きやたむろしています。この状況は日本の未来にとって吉なのか凶なのか?P05
 
昔も決して行儀の良い街ではありませんでした。歌舞伎町の裏通りは怖い街の印象もありました。夜は決して一人歩きはできませんでした。なぜか、夢みたいなものがあったように思います。花園神社の一角に芸能浅間神社があり、多くの芸能人の名前が書かれた札が掛かっていました。当時ファンであった藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」の歌碑がありました。
 
♪ どう咲きゃいいのさ この私 ♪
 
♪ 夢は夜ひらく ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

雲の中でのスキー

Dvc00028

 今日は、昔からあこがれのホテル「赤倉観光ホテル」を中心にある、赤倉観光リゾートスキー場で滑りました。
 夜半からの雪は10㌢程の積雪でした。
 昨日の雨のままなら、アイスバーンの状態が積雪のお陰でゲレンデの雪質状態は良好だった。
 しかし、天候は生憎の曇り空、たまに雪が落ちてくるが、何によりガスで見通しが悪いのが難点でした。
 それでも、ゲレンデは空いているので、注意しながらの滑走も充分楽しめた。
 
 距離、ゲレンデのバリエーションなどかなり楽しめるスキー場である。
 4時半までしっかり滑り、温泉に浸かり、帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

赤倉は雨、スキーは中止

赤倉は雨、スキーは中止
赤倉は雨、スキーは中止
赤倉温泉にスキーに来ましたが予報通り雨です。
スキーの前に手打ちそばの有名な「たかさわ」で、そばを食べる為に、信濃町ICで下りました。
開店時間11時の5分前一番乗りです。直ぐに10数名の客が来て満席です。美味しいもりそば、待ちなしで食べられて良かったです。
今日は妙高杉ノ原スキー場だが、雨が強く降っている上、風の影響でゴンドラは運休、リフトも一部の運行で滑るのは諦めました。
野尻湖に行きナウマンゾウ博物館、そして関川の関所を見学し考古学の勉強気分に浸る。
早めに宿に着き、温泉で明日の英気を養いました。
゛いい湯だな!゛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

黄色い花、フサアカシア

P01_2   黄色い花が木いっぱいに咲いていました。P02
 
車を止めて撮影しましたが、風で揺れてあまりピントが合いません。いや腕が悪いのだ。
 
名前が分かりませんので、帰宅してから調べました。
 
名前はフサアカシア、別名「ミモザ」とも言われるそうです。
 
マメ科の木でオーストラリア原産、2~4月に開花し6月頃に実をつけるそうです。どんな実がなるのか楽しみです。
 
図鑑を見ると、今の状態は満開でなくまだ蕾のようですね。開花すると丸いボンボンのような花になるようです。
 開花した状態の写真を撮りたいですね。
 きょうも母に会って来ましたが、2週間前と打って変わって終始ご機嫌でした。
 黄色い花に出会えたお陰かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

花粉症が……

P01  P02_4 起床時、雪は積もっているのかな? と外を見ると雪はありません。期待はずれと良かったな、との思いが半々でした。
 
ここ2日間、花粉症の症状が悪化しています。 喉がいがらっぽい、目が痒いはまだ良い方で、P03_2 昨夜は鼻水・鼻づまり、クシャミがひどく睡眠不足です。朝食後に新聞を読んでいると睡魔に襲われ目が覚めたのがお昼になってしまいました。気力は失せるし、生活のリズムもメチャクチャです。P04
 
薬は早めに飲み始めたし、この時期は布団干しもしていません。洗濯ものを外に干したせいかもしれませんね。しばらく注意をしなければ。
 
これからの暖かい日は嬉しい半面、鬱陶しい日でもあります。5月になるまでは草花を見て喜びながら、ティッシュで鼻を押さえる生活が続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

メジロの大群に遭遇

P01  予報では今夜から雨が雪になるとか。最近の天候の移り変わり激しい気がします。
 雨が
降りだす前に灯油を入れに行きました。灯油はリッター48円と最近の安値更新です。ずっと安値が続いて欲しいですね。
 
帰り掛けに公園により散歩をしました。遊歩道は距離ごとにレンガ色と緑色に識別され、修繕されたばかりで色が鮮やかです。舗装はコルクの様にクッションがあり足腰に優しくできています。
P02  
ここでメジロの大群に遭遇しました。遊歩道の左側が池ですが、池の縁の一部がヨシ原になっています。枯れたヨシの中にスズメやシジュウカラなどと一緒にメジロがいたのです。P03_3 目にしただけでも十数羽、メジロの生態を知らないのでびっくりしました。実際には数十羽はいるのではと思います。
 
人の気配を感じると一斉に飛んで行きますが、暫くすると戻ってきます。ヨシに付いた虫でも食べているように見えました。
 庭では見られなくなったメジロにここでお目にかかれるとは思いませんでした。
ここ数年この遊歩道を何度も歩いていたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

カモの波乗り

Kamo5_2  久し振りに朝から快晴です。しかし、強い北風が吹き、昨日と変わって冷たい冬へ逆戻りです。
 池のカモは水飛沫があがる荒れた水面でも波乗りを楽しんでいるようです。カモは寒さなんか気にしません。人間は波のある海で泳いでいると波酔い(船酔いと同じ)しますが、カモは波酔いをしないのかな?P003  
 
山景色がきれいに見られるかと思いましたが、時間が遅かったのか霞がかかってしまい良く見えませんでした。気温の下がった夕方も山は霞んでいましたが、きれいな夕日が眺められました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

気がつけば三月

P01  きょうから3月ですね。カレンダーを見て気がつきました。カレンダーを捲ると桜の柄、新緑の樹木の写真、ハワイのビーチの写真と春らしくなっています。
 実際、日中は暖かい日和で春の始まりといった感じです。
 
暦には二十四節気というものがあり、立春が暦の上では春の始まりですが、実際の気候とは大きくずれていると思います。
 
3月から春、6月から夏、9月から秋、12
月から冬とカレンダーの月で分ける考え方もあります。こちらの方の考えでいましたね。それでも実態とは少し違います。そもそも何時から春ですといった区切りなどなく、季節は徐々に移りゆくものなのでしょう。そして人々が自然のなかで感じ取っていくものだと思います。
 
梅の花、菜の花、フキノトウ、雪解け水などを見て、また花の香り、顔に当たる風で春を感じる人もいます。人それぞれでしょう。沈丁花の香りなど私には春そのものです。
 
きょうはタンポポの花を見ました。この時期にタンポポの花を見るのは珍しいことではありませんが、今日の花は形の良いきれいな花でした。葉は地べたに這いつくばり、花茎は短く花も地べたに付きそうです。寒さにじっと耐えていたように見えます。タンポポも春を感じて花を咲かせ、その花を見て春を感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »