« 社に感慨なし、友人が宝 | トップページ | 母、骨折の手術が無事終わる »

2009年2月 1日 (日)

長く続いて欲しい同窓会

P01  昨夜は新宿西口の巨大ビル群が見える一角で、41年前、N大学R学部の某委員会の同窓会が行われ出席しました。弱い酒もつい飲みすぎ、終電での帰宅となり投稿も休みとなりました。

 この同窓会、15年くらい前に1回行われたままでした。それが6年前に同志2名が、5年前にも1名がいずれも50代で亡くなる残念なことがあり、葬儀には多くの人が集まりました。そんな時、悲しい別れの時だけに集まるのは辛い、お互いが元気なうちに集まり、情報交換や仕事の互助などに役立てればと、4年前から隔年毎に行われるようになったのです。

 バリケード封鎖した建物での7か月にわたる共同生活、激論、集会デモ、自主講座、本当の勉強ができた時間だったと思います。直接民主主義に徹した組織、自己の意思と自己責任を尊重した自由な解放区でした。

 闘いは負けました。傷つき人生のかじ取りを転換した人が多く、陽の当らぬ人生を歩きながらも、決して後悔のない明るい生き様に救われる思いです。この同窓会に集う仲間が減らぬこと、そして長く続くことを願うばかりです。

|

« 社に感慨なし、友人が宝 | トップページ | 母、骨折の手術が無事終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長く続いて欲しい同窓会:

« 社に感慨なし、友人が宝 | トップページ | 母、骨折の手術が無事終わる »