« 五木寛之『遊行の門』を衝動買い | トップページ | 気がつけば三月 »

2009年2月28日 (土)

圏央道の工事進む

圏央道の建設工事が着々と進んでいます。P011

東北道・久喜JCTから東側の幸手ICに向かう橋脚の工事現場です。

かなりの高さがありますが、左側が久喜JCTで、右側の先に東北新幹線の橋脚があり、その上を越える構造のためです。P044

菖蒲・白岡ICから桶川JCT間の橋脚です。

現在、西の方は川島ICまで開通しています。

埼玉県内のその後の開通予定は次のようです。
 
川島IC ⇔ 桶川JCT    2009年度
 
桶川JCT ⇔ 菖蒲・白岡IC 2012年度
 
菖蒲・白岡IC ⇔ 久喜JCT 2010年度
 
久喜JCT ⇔ 幸手IC    2012年度

現在、関越道・上信越道を利用する場合は東松山ICを利用しています。一般道で約27㌔、40分くらいです。菖蒲・白岡ICが完成した場合、このICを利用すると鶴ヶ島経由になるので、距離は40㌔を超えます。そして料金は×××円。さて利用するかな? ましてや通勤割引対象区間が東松山ICからです。

先日、入間市の義姉宅を伺う時に川島ICから入間ICまで利用しました。一般道で行くより10分チョット早い気がしましたが、料金が950円です。帰りは一般道を使いました。この時間差と料金だと、よほどの急ぎの用件でもない限り一般道を利用しますね。

圏央道とは関係ない東北道の場合ですが、家から近い順に久喜IC、加須IC、羽生ICです。各ICへの時間差は5、15分程度です。高速を走る時間を引くと5、6分の違いです。割引対象区間など料金を考えると加須か羽生を利用しますね。

圏央道の場合、西は青梅や中央道、東は幸手より東の茨城や常磐道、千葉方面に行く場合は便利になると思います。これはあくまでも私のケースです。住んでいる場所、行く方面によって便利になる場合、そうでもない場合があるのは当然です。

|

« 五木寛之『遊行の門』を衝動買い | トップページ | 気がつけば三月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圏央道の工事進む:

« 五木寛之『遊行の門』を衝動買い | トップページ | 気がつけば三月 »