« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

社に感慨なし、友人が宝

P01  友人に依頼していたDVDビデオを受け取るため、勤めていた会社で会うことにしていました。ついでに昼食で一緒に食べようと12時の待ち合わせ、夜にしないところは健康志向ですが、実は別の理由があったからです。友人もすでに定年退社していますが、会社の医務室に行く要件が午前中にあり、その時間に合わせたのです。会社に出かけるのは入社当時の職場同窓会以来3か月ぶりです。

 きょうは通勤していたルートを通ってみました。退社して4年以上経ちましたが、変貌なら良いのですが健忘症になったような感じです。新橋の汐留口改札口を出て地下道に入り、いつもの通路だったのが迷路のように思えました。外に出たら空間だった所にビルが建築中、社のビルは隠れて景色が変わっています。浦島太郎の心境でした。

これまで何回か会社に出かけることがありましたが特別な感慨というものは湧いてきません。会社は「私の会社」ではないし、あくまで「勤務した会社」、私の人生そのものではないからです。そこで一緒に働いた仲間には親近感はあるし、何人かの友人を得ることができました。今回のように物事を頼むことができ、会って話ができたり、一緒に旅行に行ったりと、そんなに多くはないが人間関係を築けたことが大きな収穫であり宝だと思っています。

 昼食にはまだ現役の一人を誘いました。場所は友人のお薦めで、美味しいうなぎを食べようと、銀座8丁目のうなぎ・割烹「ぎんざ 神田川」に行きました。P02_3 うなぎは柔らかく味の方は上品なさっぱり系です。小付・香の物はともかく、肝吸は肝の味を生かしたダシ加減で美味しかったですね。

 値段はやはり「銀座値段」、ランチタイムで1950円からでした。築地本願寺の方へ行くと大衆的な店が多くあり、現役の時には昼食時に何回か出かけましたが、安く量を食べるならそちらがお薦めです。

 都心散策を計画していましたが、生憎の雨空であきらめ、早々の帰宅となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ヒヨドリよけの餌台を作成

P03  きょうは餌を置く時間を遅くしてみました。また、餌台と木の枝の両方に置いて見ました。ヒヨドリが木の枝の方で餌を啄んでいる時、メジロが始めてつがいで餌台のほうに来てくれました。作戦は成功でした。P01 P02

 昨夜、くまちゃん♪からヒヨドリよけ餌台の作り方の情報をいただきました。早速参考にして作ってみました。そして、従来の餌台と並べて置きました。P04_2 暫くするとメジロがやってきてミカンを食べていました。ヒヨドリはとまることが出来ないので、従来の餌台と木の枝の方で啄んでいます。これで気を使わずに共存できそうです。また、他の鳥たちも来てくれると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

メジロが餌台にやってきた!

P02 P03  起床とともに鳥の餌台に餌を置きましたが、やってきたのはヒヨドリです。日の出前なのにヒヨドリは早起きですね。

 8時ごろ山茶花の葉が揺れ動いていてメジロが来ているのが確認できました。メジロの朝食は遅いようです。山茶花の隣の金木犀の枝にミカンとリンゴを刺してみました。直ぐにメジロが食べ始めましたが、ヒヨドリが来ると山茶花のほうに逃げ様子を伺っているようです。

警戒心はヒヨドリの方が強いですね。人の気配を感じると逃げていきますが、メジロは木の中に一時避難という感じです。そこで暫く庭に出ていました。ヒヨドリは近づきません。メジロが餌を食べ始めました。メジロも人が近付いたり音を立てたりすると直ぐに身を隠します。カメラのシャッター音も気になるようでした。

木陰に身を隠しながら、どうにか写真を撮ることができました。念願が叶いました。暫くすると、初めて餌台にメジロがきました。木の枝に餌を付け、ヒヨドリを追い払うために外に出ていたのが功を奏したようです。餌台は家の中から写真を撮れる位置にあるのでこちらに来てほしいですね。

明日から餌を置く時間は遅くしますが、毎日ヒヨドリを追い払うために外へ出ていることはできませんので、共存してください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

ただいま、餌台はヒヨドリ様用

P01 P02  メジロの餌台を作って3日目、ただいま餌台はヒヨドリの専用となっています。今朝などは隣家のテレビアンテナに留まっていて、餌を置くのを待っています。餌を置いて家の中に入るとすでに餌台で旨そうに砂糖水を飲んでいました。

 山茶花の花の方にはメジロの姿が見えましたが、餌台には気が付かないようです。明日は山茶花の枝にミカンを付けてみようと思います。ただ、窓から山茶花の木までは10㍍ほどあり、また葉の色とメジロの色が似ているので、何処にいるのか探すのに苦労します。餌台に来てくれれば良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

地道な作業が美しい花を咲かせる

P01 P02  四季折々の花をつかって町おこしをやっていますが、その中心が6月中旬から7月上旬にかけたラベンダーとアヤメです。あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバルとして14回の歴史を重ねてきました。ラベンダーと言えば北海道ですね。あの青空に映える花の色には到底敵いませんが、鬱陶しい梅雨時に清涼感を与えてくれます。

 きょう久し振りにラベンダー園の横を通ったら、網やヨシでラベンダーを囲っていました。作業者に聞いたところ、冷たい北風から株を守るためと言っていました。この風景は初めてみました。一般的にラベンダーは寒さに強く、暑さに弱いと思っていましたが、種類によって違うのでしょう。冬場のこのような地道な作業が花の季節になると多くの人を楽しませてくれるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

メジロの餌台を作る

P01 P02  メジロ用の餌台を作りフェンスに取り付けました。台の上には砂糖水を入れたお猪口を固定し、両脇にミカンを刺して置けるようにしました。

 野生のメジロに餌付けをすることに躊躇していましたが、食べ物が少なくなる冬季に限れば問題なく、自ら餌を採らなくなることはないと言われ安心しました。自然が破壊され餌が少なくなった現在、特に冬季の餌付けは鳥たちにとって助かるらしい。春になれば多くの花が咲き、冬ごもりの虫たち出てくるのでも餌には事欠かなくなります。

 さて、待望のメジロは何時やってくるのか待ち遠しいですね。餌台に気づいてくれれば良いのですが。そして可愛らしい姿を写真に上手く撮れるか、お楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

気に入った水着を購入

P32 P31_2  依頼してあった写真が出来上がり、大宮そごうまで車で出掛けました。我が家からだと電車と車とで時間はあまり変わりません。きょうは道路が空いていたので早かったです。そごう側の駐車場は満車で列をなしていましたが、ビックカメラ側から入る道路を来たためスムーズに入庫できました。道を一本間違えたのが吉と出ました。

 デパートに行くのは珍しいこと、いろいろと商品を眺めて歩きました。スポーツコーナーでは、前から買いたいと思っていた水着が豊富に陳列されていました。スポーツ店ではサイズとデザインが少なかったのに、さすがデパートだと感心し、気にいったものが見つかり買いました。水着で泳ぎがうまくなる訳ではありませんが。

 8Fの各地の食料物産店コーナーでは試食攻めにあい、一品1280円が三品だと3000円と言われ衝動買いしましたが、美味しいと思ったものだから良いでしょう。コーヒータイムを含め4時間ほど、帰る頃は夕闇に包まれてきました。駅のイルミーネーションと駐車場からの夕景に癒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

インフルエンザ感染に注意

1  昨日からの雨はお昼前に上がり、暖かい日和となりました。PC勉強会に行く途中に立ち寄った公園も穏やかな風景です。ちょうど昼休みの時間帯で、周囲の工場で働いている人たちの散歩姿と釣り人が目に付きました。P21 P22

 電車に乗り本を読み始めましたが、暖かさで睡魔に襲われ乗り過ごしに気をつけました。駅に着いた時には雲がほとんどない青空、気持ち良いですね。気温もグーンと上がり、コートもいらない陽気です。

 この陽気も今晩まで、明日は冬型になり平年並みの寒さに戻るらしい。こんな時ほど体調を壊しやすいですね。今日の紙面に「インフルエンザ大流行の兆し」の記事が載っていましたが、感染から身を守るために出来る事はやらねばと思います。

  うがいと手洗い

  マスクの着用

  室内の乾燥を防ぐ

  規則正しい生活で体力維持

 感染者との接触を避けることは大事だが個人では難しい。感染した人は早めに医者に行き治療する事が大切だ。大流行にならない事を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

メジロは撮れずヒヨドリに

P11  何気なく窓から外を眺めた時、サザンカの木が揺れていました。目を凝らして見るとメジロが花の蜜を吸いに来ていました。2週間前に見つけた時は2羽でしたが、きょうは4羽ほどいるようでした。早速カメラを取り出して窓を開けて構えました。その時、大きな鳥(ヒヨドリ)が2羽やってきてメジロは飛び立ってしまいました。2羽が直ぐに戻ってきましたが、ヒヨドリの動きを気にして落ち着きません。何枚かシャッターを切りましたがメジロの撮影はまた失敗です。撮れたのはヒヨドリの方でした。

 この話を知人に話すと、餌台を作りその上に砂糖水か甘いミカンを置くとメジロがやって来るよと言われました。また、メジロは人に対して警戒心が薄いので、写真は撮りやすいとの事。野鳥に餌付けすることが良いのか悩ましいが、きれいなメジロが撮影できるのなら作ってみたい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

満腹感が無い?母

P01  母に会いに行きましたが、2週間前に会った時の機嫌の悪さが気になっていました。部屋に行こうとエレベーターを待っていると、診察室の前の椅子に座っている母が見えました。きょうは機嫌良く介護士さんに連れられて来たようです。

 きょうは月一回の美容師さんが来る日です。髪が伸びている事を気にしていたので、診察後に髪を切ってもらいました。美容師さんに笑わせるような冗談を言い、眠くなると気を遣いながら我慢していました。周りの人たちから「きれいになったね」と言われて上機嫌です。

 昼食後に昼寝をするまでは良かったのですが、起きてからが大変でした。食欲があるのは良いのですが、満腹感がないようなのです。加齢性の認知症で食べた事を忘れるは分かるのですが、一時間少し前に一緒に食べ終わり、私はまだ満腹感があるのに「ご飯は食べたかな? なにか食べたいな」と言います。

 おやつ用に買ってきたプリンを「これは美味しい」と食べ終わると、プリンの入れ物を差し出し「この中にご飯を入れてくれ」。ご飯が無いことを言うと「何かないかい。なければ外で買ってきてくれ」「気が納まらないよ」と我が儘を言います。母にとっては我が儘ではなく満腹中枢が壊れているだけなのです。お茶と小さなお煎餅で何とか落ち着きましたが、物忘れだけでなく感覚が異常になってくるのは辛いですね。

 庭いじりが好きな母、それも雑草の花を愛した母、もう春の花が咲き始めましたよ。花のように明るく元気でいて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

大寒、暦通りの寒い一日

P01_2 P02_2  きょうから暦の上で大寒になりました。昨日はポカポカ陽気でしたが、きょうは暦通りの寒い一日になりました。日差しが無かったのが余計に寒さを感じさせた一因でしょうね。これから一段と寒さが厳しくなるのでしょう。

 こんな日は一日中暖房の効いた家の中に籠りたくなりますが、身体の事を考えて外に出ます。風が冷たいですが、雪国の事を思えば歩いたり、走ったりするのに苦労はないですから恵まれています。

 公園化された沼地の一角に白穂をつけた一群がありました。チガヤに似たイネ科の雑草ですが、チガヤは初夏に白穂をつけます。花の咲く前に何回も刈り取られたため、この時期に穂をつけたのかもしれません。それとも別の草なのでしょうか。

 日差しを受ければきれいに輝きそうですが、強風が数日吹けば飛んで行ってしまいそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

上手くなりたいスキー

 今回のスキー行は2日間でしたが、先週の3日間より非常に疲れました。先週は二男と夫婦の3人、二男と私は技術的に同程度、妻の滑りに気を遣いながらのマイペースな滑りでした。Myogi_2

行きの高速道路車窓から眺める妙義山

 今回は二男に代わって長男とのスキー行である。長男の技術は私たち素人とは段違い、技術戦予選にも挑戦する腕前、年間スキー日数は40日を超えるというスキー狂です。今シーズンもすでに15日は超えているでしょう。スキー板も少なくとも4台は持っていて、今回も2台を持参しスキー場のスケールのよって使い分けているのです。P01_3

急斜面のコブを滑る長男 

我が子ですから、かつては手取り足とり私が教えたのですが、それも高校生位まででした。ここ10数年はすっかり師弟関係が逆転しました。嬉しさもあり悔しさもありという感じです。この悔しさがばねになり、一緒に滑る時は負けまいと飛ばし、技術的なことは聞いて挑戦しようとする気が湧いてくるのです。妻には「60歳をとうに過ぎてそんなに飛ばす人なんていませんよ、危ないですよ」と言われてしまいます。と言いながら妻もゆっくりですが同じコースを同じ回数滑っているので頑張っています。

確かに足腰に掛る負担は大きく、歳相応の滑りにしないと体を壊してしまいます。向上心と健康指向のバランスを取りながら、大切なのは楽しく滑るということです。楽しく滑るためには上手くなりたいですね。

初日は霧がかかり見通しが悪い中のロングコース、2日目は好天に恵まれたショートコース。バリエーションに富んでいました。残念だったのは2日目に行った赤倉温泉スキー場が、かつて同一チケットで滑れていたチャンピオンコースとホテルコースが、別の赤倉観光リゾートスキー場となり、滑れなくなってしまった事です。上級者コースとロングコースが多い観光リゾートスキー場へ行けなくて惜しまれました。経営者の思惑なのでしょうが、利用者にとって残念なことです。P02_2 P03_3

斑尾高原と奥に志賀高原  ひっそりとした燕温泉

スキー行の楽しみの一つは雪山の景色を眺望することですが、今回も霧がかかったり、雲に覆われたりと残念な結果でした。近くの斑尾高原が良く見えましたが、奥の志賀高原は霞んでいました。燕温泉はスキー場を閉鎖したそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

朝日を受ける妙高山

Myoukou お早うございます。
朝から温泉に浸かりよい気分です。毎日がこんなだと幸せだな感じです。
朝日を受けた妙高山が美しく輝いて見えます。今日は良い天気、思いきり滑ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

妙高赤倉にスキーに

妙高赤倉にスキーに
妙高赤倉にスキーに
先週に続きスキーに来ました。今回は長男と一緒に妙高高原です。
週末だというのに道路は空いていて、天気も良く高速道路は快適でした。車窓から浅間山がきれいに見えました。
今日のスキー場は妙高杉の原です。生憎の曇り空でガスが掛かり見通しが悪かったですが、雪質は良く思う存分滑りました。
ゴンドラの距離が3Kmと長くロング滑走が魅力です。しかし、寄る年波にはきついものと感じました。
日頃のトレーニングの必要性を実感しました。明日は赤倉温泉スキー場です。ゆっくり温泉に浸かり鋭気を養いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

葡萄のようなトウネズミモチの実

P01 P02  昨日、公園の向かいにある工場に埴栽されている樹木が気になっていました。なにか黒いものが成っているように見えたからです。帰り道と逆方向だったので諦め、きょう出かける際に確認してみました。やはり私にとっては初めとなる面白い実がなっていました。大きさは1㌢位、黒紫色で楕円形の実が房になっています。離れてみると葡萄のようにも見えます。

 実は昨日のうちに「冬の黒い実」でなにかなと調べて置きました。おそらくネズミモチかトウネズミモチらしい事は目星を付けていました。葉を見るとどちらか分かるという事で、写真とともに葉を一枚いただいてきました。葉の主脈、側脈が裏表とも透けて見えること、実の多さや形からトウネズミモチだと確信しました。

 ネズミモチの名前は汚い話ですが、実の形がネズミの糞に似ていて、葉がモチノキに似ていることから付いたそうです。ネズミモチは日本原産、トウネズミモチは中国原産ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

真冬の公園の一風景

 今日は病院の予約日、予約時間の30分前に受け付けを終えると、まもなく診察に呼ばれました。予約時間までに会計も終わってしまいました。待たされるのが当たり前な病院通い、いつもこんなにスムーズだと良いのですが。P01P02 P05

 余った1時間、公園に立ち寄り散歩に充てました。天気は良いのですが低い気温と冷たい北風のためか散歩する人は少なかったですね。公園正門のケヤキ並木、葉が生い茂っている時はアーケード状ですが、今は枝だけで青空が見渡せます。木の梢近くに今は主のいないような鳥の巣がありました。大きさからカラスの巣ではないかと思われます。

 噴水の南東側を通った時に虹が見えました。風の向きと強さによって大きさが変わり、また左右に動き、出たり消えたりと目まぐるしく変化します。風の強い時はこんな光景が見えるのだと認識しました。風の向きと太陽の位置を考えなければいけませんが。写真も良いタイミングで撮れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

Power Pointの復習

P01  Power Point講習の最終回が今週の金曜日にあります。年末・年始は忙しさにかまけて、その後は遊び呆けてすっかり忘れていました。たしか2つのスライドを仕上げてくるように言われていたはずです。

 午前中は雲ひとつない青空、外出日和でしたがパソコンに向かいました。前回の講習から2週間以上も経ち、この間復習をしていなかったので、頭の中は真っ白な状態です。マニュアルを睨めっこしながらの作業で、やっと1つは完成、2つ目の途中まで進みました。グラフ作成で「3D縦棒グラフ」の形が20032007で違うのが気になりました。2003と同じスタイルがあるのか調べてみたいと思います。

 午後から気晴らしに外出しましたが、午前中は真っ青だった空には黒みがかった雲が出てきました。北関東の山沿いには雪雲がかかり雪を降らせているのでしょう。今年一番の寒さだったらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

スキー場より寒い!

P11_2  -18℃のスキー場から帰宅して、寒さを感じるから不思議です。遊びであれば少々の寒さは意に介さない、それに身体を動かしているので暖かくなるのでしょう。安普請の我が家とは違う宿舎の暖かさも大きな要因です。

 今朝、雨戸を開けると庭や隣家の屋根がうっすらと白くなっていました。雪ではなく霰(あられ)のようです。余計寒さを感じる朝でした。

 きょうはスキーの後整理でほぼ一日を要しました。スキー板・靴の手入れ、その他用具の乾燥・洗濯、そして洗車です。ルーフボックスを着けた車は洗車機が使えず手洗いです。寒い時の洗車は厭ですが、付着した融雪剤を早く洗い落さなければいけません。熱めのお湯をバケツに用意して、冷たくなった手を温めながらの作業です。楽しんだ後の苦労ですから仕方がないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

最終日は晴天、無事帰る

P03  昨日とはうって変って良い天気に恵まれました。焼額山で一日滑りました。頂上の気温は-18度と昨日より低いが、風がなく日当たりが良いので暖かく感じました。

 雪質は当然パウダースノー、踏みしめるとキュキュと音を立てます。スキーの滑りも軽く腕(足)前が上手くなったような錯覚をしていまいます。

 16時まで十分滑り無事帰宅しました。初滑りにしては3日間と十分すぎる滑り、疲れも溜まっているようです。あすはゆっくりとして疲れを取りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

一日中雪が降る

P02_2

朝、目覚めると外は吹雪、視界が悪い。滑り出しを遅くした。
土曜日で昨日より人出が多い。ゲレンデは新雪の場所が多くめったに出来ない新雪を滑る練習ができた。
悲劇は帰りにやってきた。吹雪の中、止まるリフトが続出し滑って帰ることができなくなりバスを帰ることになった。予定より一時間遅い帰還となった。
今日の気温は−8〜10度、スキー場では普通だが、リフトに乗っている時の強風と吹き付ける雪は、顔が麻痺する程冷たく痛く苦痛でした。
明日は良いコンディションになりますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

志賀高原に来ました

P01

家を出る時は雨模様も嵐山辺りから雪混じりに、横川からチェーン規制になる。
しかし、積雪はほとんどない状態、チェーン装着車はスピード出せずお気の毒様です。
我らは予定時間で 無事到着しました。
スキー場は曇りですが雪質は最高、ゲレンデは貸し切り状態、じっくり滑れそうです。
以上、モブログから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

赤褐色のコノテガシワ

 今朝、山茶花の木にスズメより小さな小鳥が来ていました。花の蜜を吸いに来たようです。時々チーチーと鳴き、良く見ると暗緑色で目の周りが白いメジロでした。急いでカメラを構えましたが、木の中へ入り動きが早く、直ぐに飛んで行ってしまいました。撮影できず、残念! しかし庭でメジロを見たのは初めてなので、うれしかったですね。また来てくれる事を楽しみにしています。Konotekasiwa_2 P04_2 

 散歩の道すがら、庭木を育成している所で赤褐色のコノテガシワの一群を見ました。たしか常緑樹のはず、冬に葉先の一部が褐色を帯びるのは見ていますが、すべてが赤褐色になるのは初めてです。

 以前に一年目は緑、二年目に褐色になり、三年目に落葉するという事を読んだ記憶?がありますが、そうだとすると二年目ということです。または園芸用の種類なのでしょうか? 色変わりするコノテガシワ、珍しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

気持ちは曇り時々雨のち晴れ

P02  母に新年の挨拶に行ってきました。今年101歳を迎える母、身体は曲がり耳も遠くなりましたが、一人で歩くことができます。新年を迎えられたことに感謝です。

 きょう、顔を会わせた時は機嫌が良かったのですが、しばらくすると気分がすぐれません。水曜日は医師による検診日、いままで一緒の時はなかった事ですが、診察に行くのを拒絶しました。部屋やトイレの清掃、昼食の介助など行っても迷惑そうな言動、少し体に触っても「痛い」と怒ります。しかし、私が黙って部屋から出て行くと探し回るのです。思考回路が幼児に戻ってきているので、止むを得ないのですが、気持ちが重くなりました。

 4時間ほどこんな状態でしたが、学校時代の賞状や詩吟(師範の資格)の本を見ていて機嫌が良くなったのでしょうか、笑顔で話しかけてきたのです。医師の受診を断った事を話すと、「そんなこと本当にしたの」「分かるように話してくれれば良かったのに」「医者に悪いことしたね」と普通の会話になりました。

 気持は曇り時々雨のち晴れです。何時も晴れの状態でいてくれたら良いなと思いながら、救われた気持で帰る事ができました。

 今日の夕日はきれいでした。明日の母も天気も晴れると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

ヨシ原の中に綿アメ?

P02_2 P03   朽ちたヨシ原の中に、まるで「綿アメ」のような穂がありました。よく歩いている道ですが、道からは中の方に入った所、ヨシが茂っていた時は見えなかったのでしょう。大きさは細いものと大きくても1520㌢位です。茎はヨシに似ていますが、背丈は背後のヨシと比較すると分かるように低く1㍍前後です。面白い形の穂ですが何と言う植物なのか分かりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

ロウバイ(蝋梅)に出会う

P11 P02

 日中はは冬型気圧配置が崩れ、風もない暖かい一日でした。散歩の道すがらロウバイ(蝋梅)に出会いました。名前に梅がついているので、梅の仲間と思われがちですが、ロウバイ科ロウバイ属、梅はバラ科サクラ属で別種だそうです。離れて見ると黄色い梅のように見えます。この時期に咲く黄色い花は心和ませ、強い芳香は早春を感じさせてくれます。

 夕方から水泳にでかけました。プールは9日振りの再開です。息は切れるし泳ぎのフォームもぎこちなく感じました。水に慣れ水と遊ぶ感じで今年の初泳ぎを終えました。久し振りだけに心地よい疲労感が残りました。徐々にペースをあげていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

忙しい一日

 きょうは忙しい一日でした。タイヤ交換に三郷に行き、 帰りに越谷イオンレイクタウンに寄って来ました。次男の運転で助手席に座ることは珍しいことです。久し振りに家族3人で食事、11時過ぎに帰宅しました。

 今日の日記は足跡だけ残します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

初運動は公園散歩

P01 P02 P03  寝正月と飲み食いが中心の三が日、たまに動く時は車と電車に頼り切りでは体が鈍ってしまいます。まして先月中旬から水泳とも遠ざかり体を動かす事が少なくなっていました。来週には2泊3日でスキーに行く予定、少しは準備運動をしなければと、意を決し散歩に出かけました。

 何時も歩く速さは時速6㎞と早めです。100㍍毎にある標識を目安にその間を1分で歩きます。歩数は約115歩ですから一歩87㌢くらいです。連れ合いは125歩とか、かなり早いピッチです。写真を撮っている遅れはジョギングをして追いつきます。きょうは北風が強く温度以上に寒い感じでしたが、直ぐに体は温まってきました。池の噴水は100㍍ほど離れた駐車場まで飛ばされ、車のフロントガラスに水しぶきが掛かり、雨が降ってきたのかと勘違いしてしまう程でした。P05 P04 P06

 池にやってくる渡り鳥の観察も楽しみの一つですが、今年はほとんど見られません。通年居るカルガモとアヒルに数羽の川鵜とマガモくらいです。もっと環境の良い場所に集まっているのかな?

 対岸の工場に夕日が当り、黄金色に反射するガラス窓がきれいでした。今年の初運動は公園散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

感動した箱根駅伝の往路

Photo  毎年のことながら正月三が日は、まったり気分で過ごしています。何処へ出かけるでもなく家にいることが多いです。

 きょうも目覚めは遅かったです。楽しみにしていた箱根駅伝はスタートをしていました。2区を走った山梨学院大・モグス、日大・ダニエルの留学生、日本人とは一桁違う走りで凄かったですね。3区では日本を代表する早大・竹澤、東海大・佐藤のスピードが他を圧倒していました。毎年ドラマの生まれる箱根を登る5区、今年もすごい戦いになりました。逃げる早大に一度は追いついた山梨学院大、振り切った早大に東洋大の追い上げ、ゴール間近まで続いた手に汗を握る競り合いは、新たな歴史に残るドラマを作り、感動を与えてくれました。

 コンディションに恵まれたといえ、2区から5区までが区間新記録というハイレベルだった往路の走り、出場23チーム中21チームが10分以内にゴールという接戦、明日の復路の走りが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

混迷する雇用・経済に対策を

 明けましておめでとうございます。無信心ながら、正月の飾り付けだけはしてしまう無節操ぶりです。Shimenawa Osonaemoti

 きょうの目覚めは昼近くになりました。今朝、5時過ぎまでTVに付き合ってしまったのです。

「明けましておめでとうございます」。気持ち良く挨拶したいのですが、今朝の「朝まで生テレビ!」を見ていて、「おめでとう」という言葉を素直に使う気になれません。

 100年に一度と言われる深刻な経済危機のなか、そのしわ寄せを一番被っているのが非正規労働者の雇用です。昨年から多くの人たちが「派遣切り」され、今年もその流れは続き正規労働者にも波及してきます。多くの人が生きることさえ不安な厳しい状態に曝されているのです。

 政治・経済・雇用など混迷を抱えたまま迎えた新年、はたして問題を払拭できるのでしょうか? 今回のテーマは非正規労働者の雇用・生活実態はどうなっているのか、その対策はどうすれば良いのか、この経済破綻を招いた原因はなにか、政治に何ができるのかなど、活発な討論となりました。

 聞けば聞くほど問題の根は深く、迅速な対策を政治に期待したいが、政治自体も昨秋からの混迷ぶり、嘆かわしい状況です。そんな政治に委ねなければならないもどかしさ、早急な対策、長期的な根源的対策、選挙の票目当てではない政策を実行してもらいたいものです。

 この番組いつも感じているのが、司会者の田原氏の独善振りです。司会者の役割を超えて持論(思い込み)を主張し、討論者の意見を封殺してしまう姿勢が多く癖易する事が多いです。にもかかわらず、各界の論客の意見は大変勉強になり、いつも夜更かしし見てしまいます。田原氏の作戦に乗せられているのかも知れません。

 新年に際し、混迷する社会状況を打破するスタートの年にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »