« ナンキンハゼの実 | トップページ | 降雪に心躍らす »

2008年12月 6日 (土)

病を克服した友に感激

Haneda Titose  札幌に来ました。羽田を出る時の気温は約12度、千歳空港に着いた時が-1度、現在の気温が-4度、やはり北の国・札幌です。予報で雪を覚悟していた天候は、雪が舞い落ちることもあっても日差しものぞくという比較的良い天気に恵まれました。

 今回の札幌訪問は友人に会いたくて急きょ決行したものです。友人は8月に病に倒れ入院闘病生活を送っていました。その間見舞いに行きたいと思いつつ、行く機会を作れずというか行動できずにいました。その間に友人は病を克服して職場復帰を果たしていました。

 メタボを解消したようにスマートになり、不精ひげ?を生やしながらも、元気な姿を見た時は感激し、うれしくなりました。また、別の友人2人もわざわざ集まってくれて、寒さも飛んで行く人の心の温かさを感じました。Howaito

 ホテルに帰る前に寄った大通公園、ホワイトイルミネーションに10年ぶりの再会です。ゆっくりと鑑賞したいと思っていましたが10時30分で消灯でした。美しいながらもチョット物足りないと感じたのは時間だけではなく、背景に雪が無かったためかなと思いました。

|

« ナンキンハゼの実 | トップページ | 降雪に心躍らす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいお友達関係で羨ましいです!
北海道のお友達もますます元気になられると思います。
勉強したブログの資料が見当たらなくて、ぜんぜん分からないのでコメントだけにします。

投稿: 池ちゃん | 2008年12月 7日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病を克服した友に感激:

« ナンキンハゼの実 | トップページ | 降雪に心躍らす »