« ユニークな店名 | トップページ | 病を克服した友に感激 »

2008年12月 5日 (金)

ナンキンハゼの実

Photo_12 Photo_13  公園でたくさんの黒い実や白い実がついた樹木に出会いました。ナンキンハゼの木です。普段良く見かける木ですが、実を見るのは初めてです(気がつかなかっただけ)。この時期、葉は黄、赤、紫に紅葉してとてもきれいです。

  木の実から蝋(ロウ)が取れる木の一つにハゼと言う木があり、同じように蝋が取れる木が中国から渡って来たので、ナンキン(南京)ハゼと呼んだらしい。ハゼとナンキンハゼの木はまったく別の種類です。Photo_16 Photo_17 Photo_18

Photo_15 6~7月に花が咲き、緑色の実をつけますが、秋には黒くなり、黒い殻が割れて中から白い3つの実が出てきます。白い実の周りはロウ質で、蝋や油の原料として使われたそうです。その白いロウ質に包まれた中に種子があります。鳥は好んで食べますが、人間には毒だそうなので食べないでください。

 Photo_9 近くの植え込みにつつじ?の花が咲いていました。葉は赤く紅葉しているようです(もともと赤いのか)。一本だけの木だけではなく、多く咲いているので狂い咲きとは思えませんが。初冬に花を咲かせるつつじがあるのでしょうか。つつじではなく別の木なのでしょうか。

 明日から3日間、札幌に行ってきます。今日の天候は雨、明日からは冬型となり、雪がお迎えしてくれそうです。

|

« ユニークな店名 | トップページ | 病を克服した友に感激 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンキンハゼの実:

« ユニークな店名 | トップページ | 病を克服した友に感激 »