« 病を克服した友に感激 | トップページ | 円山公園と神宮と女性が一人 »

2008年12月 7日 (日)

降雪に心躍らす

Hoteru_2 P01_2  昨夜の寝入りも朝の目覚めも スッキリしたものだった。下戸な私も昨夜は気持ちの良いお酒でした。窓を開けると外は白一色の世界に変わっていて、雪好きの私は心躍るように嬉しかった。札幌の冬は、やっぱり雪がなくては様にならないのだ。この地で生活している人にとって、雪は厄介ものだとは分かっているが、観光気分の我が儘を許してください。Doucyou P02

きょうは雪の市内観光を少しと小樽へ足を伸ばしました。降雪を予想して履いてきたスノーシューズが役にたち、雪道の散歩も快適なものでした。北海道大学植物園は冬季休園中で残念でしたが、裏道から入った旧道庁は正面からの風情と変わってなかなかのものです。南口駅前にある「牧歌の像」も昨日と変わって寒そうな佇まいだ。

 小樽の良さは運河や石造り、レンガ造りの古い建物、ガラス工芸に旨い海産物などが浮かんで来るが、今は観光客相手に商売する店が中心で、そこに若い人が集まるという買い物のための観光地といった感じになっている。私が時代遅れなのかもしれないですね。Kitaichi1 Kitaichi2

 北一硝子の三号館、倉庫だった場所がカフェになっていた。ランプ風のガラスにローソクの明かりで、中は薄暗く壁にはガラス製品が置かれ、控えめなイルミネーションと落ち着いた雰囲気の良い店だった。お客に気を遣い店内はフラッシュ撮影禁止でした。そこでコーヒーとケーキで一休み、カップルにお似合いの店という感じ、男だけの客には場違いだったかな。Howaito_2

 帰りは昨日と同じ大通り公園のホワイトイルミネーションで口直し。やはり銀世界のイルミネーションは昨日にも増して美しかったです。

 ホテルのネット環境が大変悪い。LANケーブルだけの接続ではなく、モデムを含めた一式貸し出し、そしてスピードが遅い、写真一枚のアップにお茶一口といった感じだ。疲れる。

|

« 病を克服した友に感激 | トップページ | 円山公園と神宮と女性が一人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

青さん 連日の素晴らしい感動の記録は、居ながらにして旅行気分を楽しめましてお届け有難う!ノートPCご持参されたのですね!写真の上手さに脱帽で、北の国の厳しさが伝わりました。
コチラは初氷なのに、寒さも雪かきも苦手な自分は「さいたま市」が都で良かったと実感しました。

投稿: 松ちゃん | 2008年12月 8日 (月) 04時57分

松ちゃん、おはようございます。
北海道が大好き人間、札幌にいると生気が湧いてきます。
こちらの雪は乾燥していて軽く、関東みたいに大変ではありません。でも、毎日ですから大変です。
夜の写真が多く、手振ればかり、三脚を持参しなかったのが悔やまれます。荷物になるのでやむを得ませんが。

投稿: 青さん | 2008年12月 8日 (月) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降雪に心躍らす:

« 病を克服した友に感激 | トップページ | 円山公園と神宮と女性が一人 »