« 正月の買い物に | トップページ | 混迷する雇用・経済に対策を »

2008年12月31日 (水)

神「太陽」に感謝

Ninoiri2  2008年の締め括りの夕日は美しい眺めでした。無信心の私にとって、敢えて「神」の存在があるとすれば、太陽を「神」と崇めるでしょう。人間を含むあらゆる生物が育む地球を創造し、今なお生命を照らし続けてくれているのは太陽ですから、感謝、感謝です。

 「神」が山波に沈みゆくまでの10数分、この一年を思い巡らしました。出合いと別れ、新しい知識と忘却、哀しい事に別れと忘却が多いのです。体力の衰えは止むを得ない事ですが、何かを行い成し遂げようとする気持ちをあれば気にはならないのでしょう。Jyumoku

 この一年を振り返って自らを採点すれば甘く見ても半分でしょう。とはいえ、こうして今を生きながらえ、あす新年を迎えることができることに感謝をしたいと思います。真っ直ぐ天に伸びる樹木にあやかり、実直に気力を持って生きていきたいと思います。私を取り巻いていてくれた皆様、ありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします。

 除夜の鐘が聞こえ始めました。

|

« 正月の買い物に | トップページ | 混迷する雇用・経済に対策を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神「太陽」に感謝:

« 正月の買い物に | トップページ | 混迷する雇用・経済に対策を »