« 冬至はかぼちゃとゆず湯 | トップページ | 秋の名残と春を待つ花 »

2008年12月22日 (月)

気温の落差にビックリ

Sinjyuku  朝7時の天気予報で、東京は暖かく最高気温は19度前後になると報じていました。埼玉(熊谷)は10度以下の予想です。隣の都県、わずか40キロ程の違いでこんなに温度差があるとは驚きました。前線の位置や気圧配置の関係とはいえ、自然の威力は凄いですね。

 車に付いている温度計も都心に近くなると上がってきました。昼前に新宿に着きましたが、やや風が強めながら、たまに日が差すなど実に暖かかったです。午後から曇りだし、雨が降り出すと急に気温が下がりだしました。

 用事を済ませて、実家の小平に着く頃には雨足も強くなり、吐く息も白くなりました。わずか数時間で10数度を超える気温の低下です。車に乗っているとあまり感じませんが、外にいる人は大変でしょうね。

21時に帰宅しましたが、車載の温度計は3度です。明日は本格的な冬型になるそうです。今降っている雨も場所によっては雪になりそうな感じがします。道路の凍結にも注意が必要でしょうね。

|

« 冬至はかぼちゃとゆず湯 | トップページ | 秋の名残と春を待つ花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気温の落差にビックリ:

« 冬至はかぼちゃとゆず湯 | トップページ | 秋の名残と春を待つ花 »