« 納棺師「おくりびと」に感銘! | トップページ | 気温の落差にビックリ »

2008年12月21日 (日)

冬至はかぼちゃとゆず湯

Kabocya Yuzu Nenga  今日は冬至ですね。一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日です。これから徐々に日が長くなり春に向っていくのでしょうが、寒さはこれからが本番になります。

 今晩の夜食には恒例どおり煮たかぼちゃを食べました。ほくほくとして甘く美味しかったですよ。かぼちゃはビタミンAやカロチンが多く、身体の抵抗力をつけるために食べられるようになったそうです。秋に柿が多く成る(赤くなる)年は医者が青くなるということわざがありますが、柿にもビタミン・ミネラルが多く含まれ、健康に良いと言われています。昔の言い伝えは経験からのものでしょうが、科学的に実証されるものが多く、これって凄いですよね。

 お風呂は「ゆず湯」に入りました。疲労回復や神経痛に効果があると言われていますが、こちらはどうやら語呂合わせからきたようですね。冬至は湯に浸かって病を治す「湯治」にかけて、ゆずは融通が利くようにと願いをかけて使われるようになったそうです。

 きょう、一日かけて年賀状の作成が完了しました。肩が凝りましたがゆず湯に入ったせいか、すっきりした感じがします。それに肌がすべすべし良く温まった気もします。ようは本人の気持ち次第ですね。

|

« 納棺師「おくりびと」に感銘! | トップページ | 気温の落差にビックリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至はかぼちゃとゆず湯:

« 納棺師「おくりびと」に感銘! | トップページ | 気温の落差にビックリ »