« ユスリカ大量発生 | トップページ | ハクモクレンの新芽 »

2008年11月29日 (土)

万両の実が赤くなりました

 Photo Photo_3

 庭の万両の実が赤くなりました。秋から冬にかけては赤い実をつける木が多くなりますが、冬を通して実をつけている木は少ないです。霜や雪を被った赤い実は見るだけできれいですね。

 外来種や園芸種の少なかった時代、冬は咲く花が少なくなるので、庭に赤い実のつく木を植えて楽しんだのでしょう。そこで選ばれたのが千両や万両。両は江戸時代のお金の単位、千両や万両は相当な金額になります。また、千や万がつく名前は縁起が良いと好まれたのでしょう。

 百両、十両、一両という名前の木もあるそうで、見てみたいですね。

|

« ユスリカ大量発生 | トップページ | ハクモクレンの新芽 »

植物」カテゴリの記事

コメント

偶然の出会いに感謝しています。
ぶろぐの資料がなくなり全然分からなくなりました。
次回教えて下さい。

投稿: 池ちゃん | 2008年11月30日 (日) 16時51分

池ちゃん、イラッシャイマセ!
名前、間違えていたのに良くたどり着きましたね。
また、始めてみませんか。人の輪が広がると思いますよ。
こちらこそ、よろしくお願いします。


投稿: 青さん | 2008年11月30日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万両の実が赤くなりました:

« ユスリカ大量発生 | トップページ | ハクモクレンの新芽 »