« 万両の実が赤くなりました | トップページ | 心癒すイルミネーション »

2008年11月30日 (日)

ハクモクレンの新芽

 Photo Photo_2

 ハクモクレンの色づいた葉は残り少なくなりました。

 枝先には早くも新芽が付いています。先端の大きいのが花芽で、柔らかく長い毛に覆われて厳しい寒さから守られています。横の小さな芽や枝についているのが葉芽です。この時期、ほとんどの木々は新芽をつけ、冬の寒さに耐えながら春の到来を待ちますが、ハクモクレンは新芽が大きいので目立ちます。

 この花芽は2月頃からゆっくりと膨らみ、3月から4月にかけて花を咲かせます。葉が出る前にたくさんの白い花をつけるので、その姿は見事なものです。また、芳香を放ち春の到来を知らせる花の一つですね。開花時期はモクレン科の中では早い方です。

|

« 万両の実が赤くなりました | トップページ | 心癒すイルミネーション »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレンの新芽:

« 万両の実が赤くなりました | トップページ | 心癒すイルミネーション »