« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

ハクモクレンの新芽

 Photo Photo_2

 ハクモクレンの色づいた葉は残り少なくなりました。

 枝先には早くも新芽が付いています。先端の大きいのが花芽で、柔らかく長い毛に覆われて厳しい寒さから守られています。横の小さな芽や枝についているのが葉芽です。この時期、ほとんどの木々は新芽をつけ、冬の寒さに耐えながら春の到来を待ちますが、ハクモクレンは新芽が大きいので目立ちます。

 この花芽は2月頃からゆっくりと膨らみ、3月から4月にかけて花を咲かせます。葉が出る前にたくさんの白い花をつけるので、その姿は見事なものです。また、芳香を放ち春の到来を知らせる花の一つですね。開花時期はモクレン科の中では早い方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

万両の実が赤くなりました

 Photo Photo_3

 庭の万両の実が赤くなりました。秋から冬にかけては赤い実をつける木が多くなりますが、冬を通して実をつけている木は少ないです。霜や雪を被った赤い実は見るだけできれいですね。

 外来種や園芸種の少なかった時代、冬は咲く花が少なくなるので、庭に赤い実のつく木を植えて楽しんだのでしょう。そこで選ばれたのが千両や万両。両は江戸時代のお金の単位、千両や万両は相当な金額になります。また、千や万がつく名前は縁起が良いと好まれたのでしょう。

 百両、十両、一両という名前の木もあるそうで、見てみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

ユスリカ大量発生

Photo_3 Photo_4 

昨晩から今朝にかけて降った雨量は多かったですね。午後には日が差し始め暖かくなりました。夕方の散歩もうっすらと汗ばむほど、一枚セーターを脱ぎました。見沼代用水はこの時期になると水量が少ないもの、きょうは水量調整のためか満水に近い状態でした。星川の水量も同じように多かったですね。

左上の写真は見沼代用水の八間堰を下流から撮ったものです。ピントが堰の近くなので見えませんが、目の前にユスリカの大群がいました。右上の写真がユスリカの大群の近くにピントを合わせて撮ったものです。決して粒子が荒れている訳ではありません。凄い数です。

ユスリカは種類が多いそうで、この時期に発生するのは「アカムシユスリカ」らしいです。川べりや湖沼沿いの道を歩いていると良くこの大群に出会います。目や口に入ってきて嫌な思いをします。まして自転車に乗っていてこの大群に出会った時は悲劇ですね。また、洗濯物に着いた時も大変です。

それに比べ、幼虫は益虫の部類に入るそうです。幼虫はアカムシと呼ばれ釣りの餌として知られています。水底に住む幼虫は泥を食べ、有機物を消化・吸収し、残りを便として排出しバクテリアが分解しやすくしています。そして、水中にあるリンや窒素を体に蓄積して成虫になり飛び立つので、有機物除去作業を行っているのです。魚の餌、水質の浄化・改善、アオコの発生抑制と大活躍です。

嫌われ者の成虫、寿命は卵を産むまでの3日から1週間ほどで、その間何も食べないそうです。チョット可哀そうな気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

大型SC、プレオープン

 Photo Photo_2

 大型ショッピングセンター「モラージュ菖蒲」、28日のグランドオープンを前に昨日からプレオープンしました。車で来る人が多いので、駐車スペースを探すのに苦労しました。

 施設内は人出が多く、ウインドショッピングするような雰囲気ではありません。食料品売り場で安売りの目玉商品や必要な食品などをゲットし、早々と退散しました。ちなみにジャガイモ、タマネギ、人参などが一個(本)9円でした。

 専門店が250店舗もあるとか。何処にどんな店があるのか把握するまで相当掛かりそうです。いや、ずっと分からないかも知れません。暇つぶしと散歩がてらに通うのも面白そうですね。端から端まで歩くだけで7、8分は掛かりそう、3階まであるのでどの位時間がかかるのかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

様変わりした?学生気質

Photo

23日は東大駒場祭に出かけた。立花隆ゼミの学生が企画した「今語られる東大、学生、全共闘」というシンポジウムが行われ、是非討論を聞きたかったからです。事前に実行委員が日大全共闘の仲間に会い、出席の要請があったようそうだ。全共闘の名付け親「日大全共闘」に仁義を切ったのであろう。

正門から会場までは凄い人出で賑わっていた。目についたのは模擬店、パフォーマンスにミュージック等々。40年前の日大でもこういったものは少なかった。サークルの活動成果の発表がメインだったと記憶している。一瞬ここが最高学府・東大?と首を傾げたくなる雰囲気、これも時代の流れなのだろうか。これから出席しようとしている討論会の出席状態が気になってしまった。

開会10分前に会場に着くと、400人?位入れる大教室の席は満席状態、先ほどの心配は杞憂に終わった。ただし、60代を超える人の割合が半数を超えていましたが。第一部の立花隆の講演と称するものは自分の研究実績と著書の紹介ばかりで、全く面白くも、為になるものでもなく退屈な1時間でした。

第二部のディスカッションは3人のパネリストの他に現役の全学連の学生と赤軍派の塩見議長も招待されていて意見を述べたが、自己正当化、事実錯誤、全く的を外れたもの、日大全共闘の仲間から「全共闘と全学連は全く違う、一緒にしないで欲しい、塩見さん『あなたは全共闘ではない、関係ないだろう』」の発言に会場からは拍手の嵐。それまでかみ合うことのなかった討論会はこの発言によって締まったものになったと思う。

日大全共闘は従来の党派主導の学生運動とは違う大衆組織、各学部代表による会議の決定に従う、従わないは個人の自由だった。政治闘争に参加する時は日大全共闘を名乗ることは禁止、参加する場合はあくまで個人の資格でという方針を貫いていました。つまり、学園の民主化、不正の解明、理事者の責任追及を目的とした組織だったのです。

私が会場に着く前に仲間が校内でビラを配っていたそうです。その時ひと悶着があったと聞きました。

ビラを配り始めて数分後、「困るのです、駒場祭と関係のない外部のビラを配るのは」「なぜ、困るの?」学園祭の実行委員会は校内の管理を学校から委託され、外部の人がビラなどを配るのは運営管理上困ると言ったらしい。

かつての全共闘猛者のA君「君たちが困るというのは分かるが、このまま配ったら君たちはどうする?」と発言。「運営に携わるものが、貴方達を取り囲み………」実力阻止するらしい。そこに仲間のB君が「それは面白い、やっていただこう」「君たちともみ合い、年寄りの眼鏡が飛び跳ねるのは想定内、最高のシチュエーションだと思う」さすがに還暦おやじは笑顔で学生も苦笑いだったとか。「私らの若い頃は、年寄りが若いものを諌めたものだが、今は君たち若者が年寄りを諌める時代に変わったのですね」と捨て台詞をはいたB君。そのうちシンポの実行委員の学生が困惑した表情でやってきて鉾先を収めたとか。取材で来ていた某大手紙の記者は「配布を強行した方が面白かったのでは」と言ったとか?

学生が学内秩序を規制するとは、思いもかけない時代なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

早朝から深夜まではきつい

Photo 22日、写真展のオープンセレモニーに9時半の結集指令が出ていた。田舎の私は余裕をみて出かけることに、会場のある神保町には15分前に到着しました。

この日のメーンイベントは2時からの拡大同窓会だ。会場準備のため早めの移動となる。Photo_3 写真展の会場から同窓会会場の本郷3丁目へどうやって移動するか喧々諤々。どうでも良いことだが、ようは一番早いルートはどれかである。結果はそれぞれ3、4人ずつが別ルートで移動したようだが、会場へは5分ぐらいの違いで合流しました。

2時からの同窓会はほぼ時間通りに開会された。出席者は予定された95名ほどで、うち招待者、マスコミ関係が30名と盛会でした。宴席は1次会、2次会を合わせて6時間のロングランです。60過ぎの年寄りにとって立食形式はきついもの、周りに用意された椅子や喫煙場所が定席になっていました。

私たち世話人が会場を後にしたのは夜9時過ぎ、3か所ほどに分かれて打ち上げをおこなう。帰宅は終電となってしまった。あすは10時からの写真展、3時からの東大駒場祭に結集です。久しぶりの強行軍に明日は大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

おミッちゃんの写真展

 Photo かつては新宿ゴールデン街の「むささび」の名物ママで、カメラマンでもある佐々木美智子さんの「日大全共闘 あの時代に恋した私の記録」と題した写真展に行ってきました。彼女はカメラマンとしてだけはなく、闘う学生に想いをよせ、物心ともに援助をしてくれた方、ともに闘ったと言った方が相応しい方です。

 おミッちゃんと呼ばれて親しまれていますが、私より人生の大先輩です。大腸がんを患い2度の手術を受けながら、この写真展のために今年の夏、800枚の写真を焼き続けました。写真は68年から2年間に撮影されたもので、懐かしい写真にふれること事ができました。また、多くの仲間に会うことができました。議長だった秋田さんも広島からやってきました。

 しかし、私たちは懐かしさに浸って良いとは思っていません。

 秋田議長の言葉「日大全共闘の闘いは『日大の暗黒』と呼ばれた大学当局の驚くべき不正と底知れぬ腐敗を糾弾する正義の闘いであり、学生の自治とささやかな自由をもとめる闘いであった。その闘いがさまざまな不条理のなかで闘われたことを思えば、世に不条理が存在する限り、われわれの不屈の精神が、はるか時空をこえて語り継がれることを信じてやまない」いま、不正規雇用など不条理がまかり通る時代にこの言葉の意味は大きいと思います。語り継ぐこと、そして、やれることをやる必要があると思います。

22日は「日大全共闘」の拡大同窓会が行われます。日大全共闘結成40周年を迎え、日大全共闘に連帯を表明し、終始、暖かいまなざしで見守り続け、また時には熱く励ましていただいた方々を招き、あらためて心から謝意を表します。また、この間、鬼籍に入られた方々には謹んで哀悼の意を捧げます。また、お世話になった他大学の人たちの参加も予定されています。

ささきみちこ写真展

 「日大全共闘 あの時代に恋した私の記録

  日時 1125日~28日まで 午前10時~午後5時迄

  会場 新宿NSビル13

     サンライダージャパン・インク内

     新宿区西新宿2-4-1 

  TEL  0353268904   0353268635

新版 叛逆のバリケード』刊行記念写真展

 1968年全共闘だった時代-日大闘争の記録」

  日時 1122()1127日(木)

     10001800(最終日は1700まで)

  会場 日本教育会館1F「一ツ橋画廊」

     千代田区一ツ橋2-6-1

●日大全共闘結成40周年記念出版

 『新版 叛逆のバリケード』日大闘争の記録

   B5版・並製・324頁 定価 2800円+税

   三一書房 TEL 0354334231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

晩秋の北本自然公園

 今シーズン一番の寒波がやって来ました。北の都、札幌では昨夜から本格的な雪となり、路面電車の除雪車「ササラ電車」が出動した事が報じられています。例年より早い気がしますね。関東でも朝の気温はかなり低くなり、霜の降りた所もあったそうです。昼間は風もなく陽だまりは温かったが、日陰に入ると厚手の上着が欲しくなります。P01

 北本自然観察公園はこの気候のせいか人出が少なかったです。野鳥の観察者と写真撮影者、散歩の人が十数人、中学生の団体が自然学習に来ていました。P05 P04 P06

木道の陽だまりではネコが気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。私は初めて見たメハジキの実が成っていました。丁寧に「メハジキの実がなりはじめました」と書かれた札が立てられていたので珍しい植物なのでしょうか。シソ科で薬草になるらしいです。P02 P03

黄色い銀杏の落ち葉、クヌギ、コナラ、トウカエデの落ち葉を踏みしめながらの散策は晩秋の味わいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

間もなく大型SCがオープン

Photo

 大型ショッピングセンター・モラージュ菖蒲がまもなく開業されます。プレオープンが25日、グランドオープンが28日です。現場ではオープンに向けた準備作業が急ピッチで進められています。開業とともに道路は混雑するのでしょうね。

 まだ、どんな店舗が入るのか分かっていませんが、買い物は大変便利になるのでしょう。楽しみは映画館「シネマ109」が併設される事です。上映内容によっては大宮や都内まで行かなくても、気が向いた時に見ることができます。嬉しいことにシニア料金は1000円と格安です。

 06年にビバモール加須、07年にエルミこうのす、ラフガーデン春日部、イオンモール羽生、今年の10月には関東最大規模と言われる越谷レイクタウンが開業されました。鷲宮南部、久喜市との境界付近でも10年の開業予定のショッピングセンターの工事が進められています。

 埼玉の北東部に集中しているような気がします。競争は消費者にとって良い恩恵が得られるのでしょうが、過当競争のつけが消費者に被らないように願いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

残った歯を大切に

 Photo

 抜歯を覚悟して行った歯科医院、「まだ抜かずに様子を見ましょう」と言われました。良かったとの思いと、抜いてしまえばもう痛みに悩まされないとの思いが交錯しています。いまはなるべく抜歯はしないようですね。

 悪くなっている歯はほとんど子供の時からのもの。当時は朝だけ、それも食事前の歯磨きが習慣でしたから悪くなるのも当然です。虫歯の原因が分からなかったのか、正しい歯磨きの方法が啓蒙されてなかったのでしょうか。

 いまの若い人は虫歯のない人、あっても少ない人が多いそうです。医師不足が叫ばれる中、歯科医は過剰とか、たしかに歯科医院は空いています。矯正、ホワイトニングなど虫歯以外の治療や、インプラントなど新しい技術がないと生き残れないのでしょう。保険治療外のインプラント、一本数十万円は高いですね。

 歯が良ければ美味しいものは硬くても食べられるし、咀嚼すれば胃腸の負担も軽くなり、脳も活性化すると言う説もあります。いまは毎食後、しかも夜は歯間ブラシも使うようにしています。チョット手遅れですが、残っている歯だけは大事にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

冬場の運動は水泳で

  Photo_2

 久し振りにプールに行きました。今月はこれで2回目です。8月まで週2~3回のペースで泳いでいたのですが、9月になってから減ってしまいました。決して怠けた訳ではなく、施設清掃による休館や、所用と重なってしまったのです。

 寒くなってくると利用者が減ってきます。館内の温度は28度、水温は30度以上、ジャグジーは37~8度もあるので寒いことはありません。泳いだ後の体はうっすらと汗が出るほど温かくなります。気温の低下と水に入るというイメージが気持ちを萎えさせてしまうのでしょうか。

 今日も10人程で貸し切り状態でした。利用者にとって空いているのは泳ぎやすいし結構なことですが、施設運営は財政的に大変だろうと心配してしまいますね。

 寒い時期に外で運動すると風邪を心配してしまい、運動量が減るこれからの時期ほどプールでひと汗かこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

坂東十一番札所、吉見観音

 八丁湖の近くに吉見観音があると知り、寄り道をしました。歩いて6分ほど、境内の横から入る階段がありましたが、やはり正面の山門から入るのが良いだろうと歩を進めました。

 正面には階段があり、その上に門がありましたが山門ではなく仁王門でした。階段の真正面は参道なのでしょうか、真っ直ぐな道路がありますが、両脇には普通の民家です。札所巡りをするように参道の下から歩いて来ると良かったのかも知れませんね 。Photo_3 Photo_4

 階段の横に「坂東十一番 岩殿山安楽寺」の石柱がありました。坂東三十三札所の一つ、埼玉にある四つの札所の一つだそうです。由緒ある名刹なのでしょう。仁王門の脇の仁王像(阿形、吽形)は大きめで綺麗な朱色をしていて保存状態は良いですが、目の細かい金網で保護されいます。落書きなどいたずらをする人がいるのでしょうか。残念ながら見ずらいし、写真もきれいに撮れません。Photo_5 Photo_6

 仁王門を通り境内に入ると右側に青銅?の仏像が二体鎮座していました。真正面に階段があり、本堂はその上です。本堂の右には三重の塔があります。塔は高さの割には面積と軒の出が大きく感じられ、それが塔の重厚さを出しているようです。鐘楼はないのかなと思いながら本堂の裏山に上るとその中にありました。Photo_7 Photo_8 Photo_9

 各建物は江戸時代初期に再建されたそうで三百数十年経っています。それだけの趣と重厚さを感じます。眺めているだけで心が落ち着きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

紅葉が見事な八丁湖

 Photo_5 Photo_6 Photo_7

 八丁湖公園に行ってきました。有名な吉見百穴の近く、吉見町役場の北側にこの公園はあります。丘陵の谷間に作られた水田灌漑用の人工湖を取り巻く自然公園です。広々とした芝生広場などはありません。

 湖は周囲が2kmと小さく池のようです。湖の周囲の遊歩道のほか、公園内には丘陵コース、自然植物観察コース、野鳥観察コースと3つの散策道があります。それなりに勾配のあるコースでハイキング気分が味わえます。

 湖畔の東側はこの時期を意識したのか、色づきの良いカエデなどが多く、近辺ではなかなか見ることの出来ない見事な紅葉風景です。反対側には桜の木が多く、春には花見が楽しめそうです。Photo_8 Photo_9 Photo_10

 「県の蝶 ミドリシジミの森」という看板がありました。県の蝶もミドリシジミという蝶の存在も初めて知りました。この蝶が生息するためにはハンノキが必要で、この場所でハンノキ林を保全しているそうです。鬱蒼とした湿原になっています。

 この近くの岩壁には「黒岩横穴墓群」という「吉見百穴」と同じような横穴群がありました。いままでに発掘されたのは16基、確認されているのが30数基、本格的に調査すれば「吉見百穴」より大規模かもしれないと案内版に書かれていました。

 気になった事がありました。一つは散策道に境界杭が打たれていたこと、私有地なのでしょうか。もう一つは駐車場が狭いこと、路上駐車は避けられません。道路も狭く混雑時は大変でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

暖か陽気も通院では

 Photo_2

 きょうは予約していた病院に行ってきました。血液検査のため、朝食は食べないでくださいと言われていました。しかし、習慣でいつもの時間に起きて、テーブルにつきご飯も食べる気になっています。かみさんから「きょうは検査があるので朝食は食べないのでしょ」と言われ、「あっ そうだ!」と思いだしました。昨日、自分から「あしたの朝は食べないよ」と言っていたのに、物忘れに呆れましたね。

 先月、予約の際に朝食抜きの検査だから早い時間が良いと、予約機で空き時間を検索したら10時台まで満杯、取れた予約の時間は11時だったのです。検査、診察、会計、薬、これだけで帰宅は1時を過ぎてしまいました。水分だけの空き腹だけに昼飯がやけに美味しく感じました。

 きょうは久しぶりの好天気、暖かな陽気は紅葉狩りモードでしたが、病院の予約がこの日時になってしまって運が悪いです。傾きゆく日差しを浴びながら、近くの公園散歩で憂さ晴らしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

母の前では20代?

2週間振りに母に会いました。

Doudantutuji_2 昼食を母の部屋で一緒に食べました。このところ胃腸の負担を考え、お粥ときざみ食になりましたが、なにを食べても美味しい、美味しいと言い、出されたものは完食しました。ひととき食欲が落ちて心配した事がありましたが、いまの旺盛な食欲がある限り安心です。

認知症は歳相応なのでしょう。「××屋の○○さん知っているだろう」とか「××の角を曲がった〇〇さんの家」とか、私が生まれる前や赤子の時の話をよくします。「俺、その時は赤ん坊だったよ」と言うと「そうだったねえ」と理解しつつ、数分後に同じ話になります。それには相槌を打ち「そうだったの」と聞いているとご機嫌です。

歳をとっても昔の事はしっかり覚えているのです。知識を蓄える脳の新しい知識の部分を一枚一枚剥がすように老化していくのでしょう。私は母の中ではまだ独身、二十代になります。嫁さん探しの心配をしてくれます。これが本当なら嬉しいのですが。冗談!冗談! 元気であればそんな会話も楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

ひと足早く障子の貼り替え

 Photo 例年12月に行う障子の貼り替えを一足早く行いました。年末の年中行事の一つみたいなもので、チョット早すぎかなと思いますよね。でも、寒い日の作業は辛いし、乾燥した日の貼り替えは糊の乾燥が早く忙しく、霧吹きをしても障子紙がたるみ易いのです。そんな訳で暖かく湿度のある日に行うことをお勧めします。Photo_2

 昔の障子紙は幅30㌢くらいで、横向きに下から上に重ねて貼っていきましたが、最近はほとんど1枚貼りで貼る作業は簡単になりました。古い紙を剥がし、障子の枠を清掃する作業の方が時間と手間がかかります。

Photo_3 紙は破かずに1枚のまま剥がせると、この時間と手間も省けます。コツはお湯をタップリ含ませ雑巾で、桟の部分だけを濡らして3、4分待ち、古い糊を溶かすことです。あまり時間を掛けると乾いてしまうので、もし、乾いてしまったり、糊が充分溶けてない時はもう一度濡れ雑巾で濡らすと良いでしょう。破けずに剥がれた時の気持ちは爽快ですよ。作業も楽しみを見つけてやると面白いものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

安くなって!石油とガソリン

Momiji_2

 今月初め、風呂用の石油タンクが底をつきそうになったので石油を買いに行きました。10月には1㍑110から115円だったのが92円と安くなっていました。最近の原油価格と冬場の需要に向けた競争で、まだ安くなるのではと思いながらも4缶(72㍑)買ってきました。

 そして今日、朝晩の冷え込みでストーブの石油も補充して置こうかなと、買い物ついでに価格を見たら72円なのです。一週間待てば良かったと後悔しながら、また4缶買ってしまいました。まだ安くなるのでしょうか。

 ガソリンも同じように安くなってきましたね。今年一番高い価格で入れたのが8月で171円でした。きょうの価格は118円です。53円の差は大きいですね。満タンにすると1万円で足りなかったのが、お釣りがくるようになりました。ちょうど、暫定税率がなくなった4月の価格と同じです。

 原油の先物相場は今年7月に最高値、1バレル(159㍑)147㌦を記録しましたが、現在の相場は61㌦前後と半値以下になっています。税などがあるので比例して安くなるわけではありませんが、安くなるのは大変結構なこと、もっと安くなっても欲しいですね。

 原油価格は庶民の生活と関係のないマネーゲーム(全てではないが)で決まり、その結果、私たちの生活が左右されたのでは堪りません。年金生活者にとって物価の安定は大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ブルブル、寒い一日

 身体がだるい朝の目覚めでした。昨夜の夜更かしのせいか、それとも風邪でも引いたのかと心配したが、遅い朝食を食べた頃にはだるさも消えてきて安堵しました。Ochiba2

 それにしても11月としては寒い一日でした。寒気団に覆われたのと、日差しがないためだろうか。さすがに散歩する人も少ないようだった。きょうは無理をせず暖かくして家の中で過ごすことにしました。ケヤキの色づいた落ち葉が地面を覆う様は、なおさら寒さを感じさせるものです。太陽の有難みを感じ、日差しが恋しくなる天候でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

思い出を飲み込んだ「焼き鳥横丁」

 新宿西口は超高層ビルの街として変貌をしていますが、この街の一角に懐かしい街並みがあります。「思い出横丁」こと通称「焼き鳥横丁」と呼ばれる一角です。青梅街道とJRの交差する大ガードのすぐ脇、JRの線路に沿って新宿駅西口寄りに、戦後の「闇市」の名残を留めたバラック風の飲食店、約80件がびっしりとひしめいています。青梅街道側の中通りの入り口には「思い出横丁」と看板が掲げられています。Omoide1 Omoide2 Omoide3

 安月給の労働者や苦学生にとっては、焼き鳥やおでんを肴に安い酒が飲める、ラーメンや焼きそば、安い定食が食べられる場所として人気がありました。私も初めて先輩に連れられて行った時、コップ酒に酩酊した思い出があります。

 9年前(99年)の11月に火災があり、昔からの木造建物の一部が焼失しましたが、いまはもとに戻って営業しています。いまは昔の思い出にひたれる懐かしい場所として訪れる人、この雰囲気と珍しさを楽しむ若い人や外国人観光客など、かなり人気があるスポットになっているそうです。

 いままでに再開発の話があったのですが、この場所でこの雰囲気で営業したいという店主の思いが強く、まとまらなかったという経緯がありました。いま、時代の流れか再開発に賛成の店主が多くなり、新たな再開発計画の準備が進められているそうです。

 「焼き鳥横丁」の雰囲気に浸れるのもあとわずかですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

公園に健康増進遊具

きょうは立冬、暦の上では立春までが冬になります。暖かい日差しを受けて冬の実感はありませんが、今晩から気圧配置は暦の通り冬型になり、明日は気温が急に下がるそうです。北の地では雪になるそうですね。Photo_12    

秋の公園は静かで安らぎを与えてくれますね。東屋、色づいた樹木、それらを映す池、じっと見ていても飽きません。公園の一角に遊具がありますが、これがみな健康増進遊具なのです。親子連れやお孫さんを連れたお爺ちゃんが一緒に挑戦していますが、お爺ちゃんにはチョットきつそうでした。Photo_11

●コマ落とし

 コマを操って手先の運動能力を強化

Photo_15            

●ふみいたストレッチ

 ふみいたに足を乗せて足首・ヒザ・股関節の柔軟性アップ

Photo_9 ●かべ渡り

 かべを渡って腕・肩のストレッチ、手・腕・脚の筋力アップPhoto_8

●ボートこぎ

 ボートをこぐようにして手・腕・背の筋力アップPhoto_7

●ダブル踏み台昇降

 二つの踏み台に昇ったり降りたりして足腰の筋力アップPhoto_6

●脇ストレッチベン

 脇のストレッチ、腹・腰・肩の柔軟性アップPhoto_5

●十字懸垂ベンチ

 ベンチで十字懸垂して腹・もも・腕の筋力アップPhoto_4

●腹筋ベンチ

 お腹の筋力アップ

                Photo_18

●背のばしベンチ

 ベンチで背を伸ばし、背・肩の柔軟性アップPhoto_2

●座位体前屈測定

 座って上半身を曲げ、身体の柔軟性測定

 体力測定のつもりで挑戦してみましたが、かべ渡りと十字懸垂はきつかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

菊の花、アニメ集

11月は菊の季節です。

各地域で菊まつりや菊の展示会が行われています。

2日と5日に行った北本のきくまつりの写真をアニメで紹介します。Kiku1_4

花びらが細い管状の花です。Kiku3_2

懸崖作りや盆栽風に仕立てた物もありました。Kiku2

大きくてゴージャスな花です。

素人には種類や名前は分かりませんが、愛好家にとってはこの日のために精魂込めた作品でしょう。データ量の制限があり、こちらの都合で一部だけの紹介になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ユニークな形の角茄子

Photo_7   散歩中の公園でユニークな形の果実をつけた植物に出会いました。草丈は2㍍ほどで実はいくつものコブを付けて、大きいもので拳くらいあります。花は紫色でナスの花に似ていました。

 調べてみたら、やはりナス科の植物で「ツノナス(角茄子)」という名前でした。名前の由来は果実の根元の方に角状の突起物があり、ナス科ナス属の植物だからそうです。おもしろい果実の形をしているので、その形から様々な愛称があります。キツネの顔に似ていることからFox face(フォックス・フェイス)、角が乳頭状なのでNipple fluit(ニップル・フルーツ)、Lady nipples(レディー・ニップル)などとも呼ばれているそうです。Photo_8 Photo_9 Photo_10

 ブラジル原産で果実は熟すと黄色になりますが、毒性があるといわれ食用にはなりません。主に鑑賞用として栽培され、生け花にも使われるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

池にカルガモが増える

 先日、木枯らし一番が吹きましたが、きょうは今シーズン一番の寒気が到来しました。Photo 昼間は日差しのお陰でポカポカ陽気でしたが、今晩から明朝にかけてはこの秋一番の冷え込みになりそうです。今晩は風邪をひかないよう注意しなければと思います。 札幌市内や北日本では降雪があったようですね。Photo_4

 公園の池にはカルガモの姿が増えています。渡り鳥だと思っていましたが、日本で通年生息しているそうで、この時期からこの池に増えるのは環境が良いためでしょうか。まもなく渡り鳥のマガモ、コガモなど色々な鳥がやってきて賑やかになるでしょう。

 Photo_3 デッキのところに尻尾を上下に振るハクセキレイが数羽やってきました。動きが速いので写真の収めるのが大変です。シャッターをかなり押しましたが、残念ながらまともに撮れたものはありません。未熟さを痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

秋に咲くバラの花

 Photo 庭のバラの木2本に一輪と二輪の花が咲きました。春、夏に続いて少なくとも3回目です。4種類あるうちの2種類の木です。他の2種類は春に一度咲いただけです。花が少なくなったこの時期の花は目立ちますね。

 Photo_2 バラは種類によって開花の時期や回数が違うそうですね。主に春に一回だけ咲くのが「一季咲き」と呼び、咲くパワーが一回に集中するため見事で美しい花が多いそうです。つるバラはこの種類が多いでそうです。一季咲きなのに、春以降に不定期にもう一度咲くことがあった場合は「返り咲き」と言っています。

 冬以外は通年咲くものを「四季咲き」と言います。このバラの一番美しいのは秋だそうですが、見比べたことがないので分かりません。通年咲くといってもずっと咲き続けるのではなく、春に咲いた後にある期間をおいて花を繰り返し秋まで咲くのです。秋に美しい花にするためには春に咲いた後は蕾を摘んでしまって樹の勢いを保ち、秋に咲かせるとすばらしくきれいな花を咲かせることができるそうです。

 わが家のバラは夏にも咲かせてしまったため、木の勢がなくなり小さく少ない花しかつけなかったのです。本格的に手入れをするというのは大変ですね。素人の花の楽しみは剪定と肥料くらいが精一杯です。それでも花が咲いてくれればうれしいし、心を癒してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

きくまつり

 Kiku1_3 Kiku2 「北本きくまつり」が行なわれていたので見にいきました。菊愛好家が丹精込めて育てた菊と菊人形が数多く展示されて目を癒してくれます。メインは菊なのでしょうが、他にも色々な催しものが行なわれ、その上天候にも恵まれ多くの家族連れで賑わっていました。Hitode Okesa Dance_2

 菊が展示された芝生広場では踊りやダンスが演じられ、菊とともに見学者を楽しませてくれます。また、フリーマーケットも多く出店されていましたが、お昼時とあって食べ物の店に人気がありましたね。地域の人による出店のようで値段も格安です。Kikyuu Kesiki Kouyou

 グラウンドでは熱気球体験搭乗が行なわれていました。子ども500円、大人800円でおよそ5分の空中体験は格安だと思います。ゆったりと上空から見下ろす下界はどのように見えるのでしょうか。子どもたちに人気があるようで順番を待つ長蛇の列ができていました。

 公園の木々も少しずつ色づいてきています。まつりが終わると人も公園も冬への衣替えの準備ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »