« 主夫業で感じたこと | トップページ | 稲作の時期と品種 »

2008年10月15日 (水)

栗の料理

 一昨夜、息子が嫁の実家からPhoto 大量の栗を頂いて帰ってきました。粒がかなり大きい栗です。さっそく煮て食べましたが、やわらかく淡白な味です。そういえば栗を美味しくするの調理法がブログに載っていたのを思い出しました。一分ほど煮て冷まし、冷蔵庫で冷やしたあと冷凍すると甘味が増すとか、美味しく食べるためには手間暇かけた作業が必要なのですね。

 夕飯は栗ごはんです。鬼皮と渋皮を剥くのが苦労ですが、ひと煮ししてから剥くと柔らかく楽なのですね。硬くて大変ですが、包丁で剥いた方が早い気がして、ほとんどは生のまま剥いてしまいました。

 もち米を混ぜお酒、塩と昆布で炊いた栗ごはんは、普通のご飯より美味しいので、ついお代わりしてしまい食べ過ぎです。あとで胃薬のお世話になりました。

 渋皮煮も美味しそうなので、作り方の能書きだけ話し、妻に挑戦してもらおうかなと策しています。

|

« 主夫業で感じたこと | トップページ | 稲作の時期と品種 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

渋皮煮は、とってもおいしいですよ。
時間と手間はかかりますが、贅沢気分を味わえます?!

栗1㌔で、砂糖が200㌘位だそうです。

気合と根性が出てきたら、ぜひ試してみて下さいね(笑)。

投稿: たびちゃん | 2008年10月16日 (木) 23時28分

見るからに美味しそうですね!
本人には気合と根性が?
作り方をプリントして妻に渡しました。
さて、期待に応えてくれるか?

投稿: 青さん | 2008年10月17日 (金) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗の料理:

« 主夫業で感じたこと | トップページ | 稲作の時期と品種 »