« 渡良瀬の樹木の実 | トップページ | サポート講座で貴重な体験 »

2008年9月13日 (土)

しょうがい者のPC操作に感動

 Dsc_0301 シニアITサポーター養成講座を受講するため浦和に行きました。いつも通過するだけで、浦和駅を利用するのは何年振りになるのか思い出せません。 東口は区画整理がなされ、Dsc_0302_2 駅前広場も出来てすっかり様変わりでしていました。駅の改築工事も大分進んでいました。

 浦和コミュニティセンターも立派な施設ですね。駅前という立地もあるのか、利用者も多く見受けられ活気が感じられました。

 さて、本題の講座ですが、内容は高齢者や身体にハンディがある人など情報弱者と言われる人たちに対し、ITサポートの必要性と活用の方法を学ぶというものです。私には少しハードルが高いと思っていましたが、Mさんの「自分の勉強にもなりますよ」という力強い後押しで受講するにしました。

 受講者は圧倒的に「元お嬢様」が多数を占めていて、女性の社会との関わりと力強さを感じさせられました。「男どもなにしているのだ!」と、どこからか聞こえてきそうな………

 両手足にハンディを抱えたI氏が、口にくわえたハシで巧みにPCを操作する姿には驚きとともに感動を得ました。我々は甘えていてはいけないよと叱咤激励された思いです。Windowsにアクセシビリティ機能(機能低下のある人のPC利用・操作を補助する機能)があり、「ユーザー補助のオプション」からの操作で、その機能を設定できることを知ったことは大きな収穫でした。

|

« 渡良瀬の樹木の実 | トップページ | サポート講座で貴重な体験 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうがい者のPC操作に感動:

« 渡良瀬の樹木の実 | トップページ | サポート講座で貴重な体験 »