« 墓参りで思い出と発見 | トップページ | ♪時代おくれ♪ を口ずさむ ♪ »

2008年9月25日 (木)

友のがん、全快を願う

Photo_2  急な便りである。普段は近況報告などメールでやり取りしている友人から封書が届いた。きのうは大雪山旭岳に初雪が降り、山登りが好きな彼にメールでもしようと思っていた矢先の手紙である。気がかりな気持で開封してみると、がんの手術をした報告であった。なんとも言えないブルーな気分である。本人の気持ちは私などには計り知れないものであろう。

 7月末に北国へ旅をした時、彼とは札幌で再会し楽しいひと時を過ごしたばかりだった。その後20数日後に身体の変調をきたして入院したが、精密検査でがんが発見され、今月はじめに手術をしたそうだ。手術は成功しその後の治療方針が書かれていました。まずはひと山越えたようでひと安心です。これから抗癌剤などによる治療が始まり、身体も精神もきつい事があるかも知れないが、意志が強く仲間に優しい彼なら頑張ってくれるでしょう。

 すぐにでも、お見舞いに駆けつけたい思いだが、病院名や治療状況、面会の可否、本人への負担などを取材してからにしたいと思います。すじ雲が美しい秋空のように、すっきりと一日も早く全快することを祈ります。

 

 

 

|

« 墓参りで思い出と発見 | トップページ | ♪時代おくれ♪ を口ずさむ ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友のがん、全快を願う:

« 墓参りで思い出と発見 | トップページ | ♪時代おくれ♪ を口ずさむ ♪ »