« 都心の変貌についていけず | トップページ | 墓参りで思い出と発見 »

2008年9月22日 (月)

赤い実に秋の風情

公園で赤く色づいた二種類の木の実に出会いました。秋の風情感じさせてくれますね。秋の赤い実といえば「ナナカマド」、紅葉でも有名ですね。高い山ではそろそろ色づいてきているのでしょうか。

きょうPhoto_3 見たひとつはハナミズキの実です。最近は街路樹として見ることが多くなりました。花期は4月下旬から5月上旬で白や薄いピンク色の花を咲かせます。いわゆる花と言っている部分は総苞(蕾を包む葉)でその中心に5㍉位の目立たない花が集まって咲きます。だから実が固まってなるのですね。葉も少し色づいてきています。

 Photo_2 もうひとつはガマズミです。花期は5月から6月にかけて白い花が咲きます。アジサイに似ている?といつも感じているは私だけでしょうか。実は9月から10月に赤く熟し白い粉をふいて甘くなり食べられそうですが、どんな味がするのでしょうね。まだ、熟していないようだったので遠慮しました。果実酒の材料として使われることもあるそうです。自然界では鳥類たちの御馳走になっているのでしょう。

|

« 都心の変貌についていけず | トップページ | 墓参りで思い出と発見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い実に秋の風情:

« 都心の変貌についていけず | トップページ | 墓参りで思い出と発見 »