« 塩田平の散策① | トップページ | 塩田平の散策③ »

2008年8月17日 (日)

塩田平の散策②

 前山寺の次は塩田城址へ。寺の西から細い山道へ入っていきます。道を下ると沢にでます。Photo_2 Photo_3 沢にかかった木橋を渡り坂道を上ると「塩田城跡」にでます。塩田城跡の石碑がなければここに城があったことは分かりません。弘法山を背に塩田平を一望できる位置ですが、弘法山に向かった坂を段々畑のようにして築城されていたようだ。湧水で濡れた坂道を蚊の大群に遭遇しながら登ってみましたが、途中から藪状態となり諦めました。中腹には北条国時の墓所があるそうです。

鎌倉時代に北条善政が鎌倉から塩田の地に入り居城し、信濃の一大勢力としてこの地を統治していたそうです。ここ塩田平から別所温泉にかけて当時建立された寺や神社が多く、この一帯を「信州の鎌倉」と呼んでいます。いつしかこの城跡周辺と前山寺から塩野神社まで続く遊歩道には数万株のアジサイが植えられ「アジサイの小路」と呼ばれ、「信州の鎌倉」散策コースのスポットになっています。

Photo_4 次に龍光院に行きました。その入口付近に「塩田の館」がありました。この地区の観光センターで、塩田城址の発掘品が展示されていました。名物「おやき」やソバ、うどんなどを食することができます。(時間が決まっている)

Photo_18 Photo_19 参道に入る山門の前には、前山寺と同様の樹齢300年以上と言われる直径2㍍を超えるケヤキがあります。参道はゆったりとした300㍍程の石段です。並行して車道もありますが是非参道を歩くことを薦めたいですね。この寺は塩田北条氏二代国時が、父善政公の菩提を弔うために建立されたそうです。正式名は宝珠山・曹洞宗「龍光院」、本尊は釈迦如来です。Photo_25 Photo_26 Photo_27 Photo_28 Photo_29 Photo_30 Photo_31 Photo_32 Photo_33 Photo_34

本堂の左(南)の崖に十二支? のお地蔵さまが鎮座していました。なぜか、 牛と虎がなく10体だったのが不思議でした。新しく最近作られたように感じました。

(つづく)

|

« 塩田平の散策① | トップページ | 塩田平の散策③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩田平の散策②:

« 塩田平の散策① | トップページ | 塩田平の散策③ »