« 猛暑到来、涼しさ求めて | トップページ | 北島選手おめでとう! »

2008年8月10日 (日)

新宿西口の変貌

 きょうは新宿西口にチョット寄り道をしてきました。Photo

 いちばん懐かしいのは「新宿西口の目」ですね。新宿駅西口の地下広場から都庁へ向かう歩道の右側、スバルビル地下一階の壁面に設けられた巨大なアクリルオブジェです。西口での待ち合わせ場所には絶好の目標でした。瞳の部分の内部では、なにかの絵がゆっくりと回転しています。中に埋め込まれているのは緑の木と青い空を見上げた絵である。何人の人に見つめられ、何人の人を見つめてきたのでしょうか。Photo_10

  70年代初めに西口で最も目立った建物が「京王プラザホテル」でした。かつて、都民の飲料水を供給してきた淀橋浄水場の再開発で、新宿の高層ビル群の先駆けとなった日本初の超高層ホテルです。いまは他の高層ビル群に囲まれ、その存在を探すのも容易ではないです。

 いま、建築中の奇抜なビルはモード学園コクーンタワーです。Photo_8 Photo_9 学園の名に相応しいファッション性のある建物ですね。道を挟んで北西側には30年前には目立った存在の損保ジャパン本社ビル(旧安田生命ビル)です。いまでは普通のビルですね。時代の流れを感じます。

 Photo_5 淀橋と言えば量販店の先駆けとなった「カメラは××××カメラ」が有名でした。この地で出店したので地名をつけた名称にしたのです。いまは淀橋や角筈の地名はなくなり西新宿という地名になっているのですね。すっかり田舎者になりました。

|

« 猛暑到来、涼しさ求めて | トップページ | 北島選手おめでとう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿西口の変貌:

« 猛暑到来、涼しさ求めて | トップページ | 北島選手おめでとう! »