« サルスベリの街路樹 | トップページ | 旭山動物園 »

2008年7月31日 (木)

不思議な配色の白粉花

 買い物からの帰り道、色とりどりの白粉(おしろい)花に出会いました。Photo_8

  赤、白、黄、赤と黄のツートンや斑入り、赤と白の混ざった花がありました。同じ株に違う色の花が咲くなんて不思議ですね。Photo_10 白と黄色はありませんでしたが、 他にも違う色の花があるのでしょうか。

  小さい頃、庭にあった白粉花は赤系(ピンク)だったような気がします。Photo_11 花が咲いた後にできる黒い種子を取るのが楽しみでした。 なにに使う訳でもないのに、今思うと不思議ですね。種子を潰すと白い粉が出てきますが、Photo_12 これがお化粧用の「おしろい」になるのだと思っていました。 男の子もいたずらで顔に塗ったりして遊んだこともあります。

 この「おしろい」のような白い粉がPhoto_13 出てくるので白粉花と名前がついたそうですね。夕方から咲くので「夕化粧」とも呼ばれるそうですが、まだ他にもいろいろな呼び名があるそうです。Photo_6

 早いもので7月もきょうで終わりです。でも本格的な暑さはこれからですね。食事、睡眠を良くとって夏負けしないようにします。

|

« サルスベリの街路樹 | トップページ | 旭山動物園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な配色の白粉花:

« サルスベリの街路樹 | トップページ | 旭山動物園 »