« 緑のヘルシロードの標識 | トップページ | 古墳を探索に思う歴史 »

2008年7月 1日 (火)

ウォーキングコース

 Photo_3

Photo 久喜菖蒲公園はウォーキングで使うコースのひとつです。 人造池を 一周する遊歩道が約2.5kmあり、二周を歩くのが日課となっています。100㍍ごとに標識が設置され、歩くペースの目安になるので便利です。

 きょうは久しぶりの訪問です。スタートしてすぐの銀杏の木が気になりました。Photo_2 秋になるといっぱいのギンナンが落ちているのです。見上げると思っていた以上にたくさんのギンナンが成っています。秋に来るのが楽しみですね。食べると美味なので匂いは少々我慢、手荒れにも注意しながらね。

 Photo_6 池の北東側がスタート直後のコースで、桜並木がメインになっている。春には多種の桜を鑑賞できます。 珍しい緑色の花をつける御衣黄(ぎょいこう)や八重桜が綺麗でした。八重はソメイヨシノより遅く咲き、咲いている期間も長いので長期間にわたって花見が堪能できます。

 Photo_7 Photo_8 池の北に寄った所には浮島があり、冬はカモやおしどり、ガチョウなどの営巣地になっているようです。きょうはシラサギと川鵜がいました。残念ながら川鵜は島の反対側で写真には写っていません。木陰の湿地帯に咲くアジサイは元気そうです。

 Photo_9 半周した南西側はくぬぎ、唐楓、コナラ、ケヤキ、クスノキなどの広葉樹に囲まれた遊歩道になっています。池端はヘラブナ釣りのメッカです。大きいヘラブナを釣り上げる場面に何度も遭遇しました。魚影は濃いようですね。

 この公園で気になる木、Photo_12 格好がいいなと思っている木がメタセコイアです。真っ直ぐで槍のような三角形、スギ科なのに落葉樹です。春の新芽時の新緑、現在の濃緑、秋の枯葉色、冬の幹と枝だけの姿、その移り行く姿にそぞれの美があります。この木、敗戦の1945年に中国四川省で発見されたそうで、生きる化石とし有名になったそうです。外来の樹木だったのですね。最近、あちこちの公園で見かけるようになりましたが、伊奈の公園にもあったような気がします。

Photo_10 Photo_11  入口近くには子供用の遊び場や広場があり、土日は結構な人出があります。貸自転車や貸ボートで遊ぶこともできます。池の畔には美少女が座っていました。その名は「夏の想い出」。夏の何を想い出にひたっているのかな? はたまた、誰かの想い出の人なのかな?

|

« 緑のヘルシロードの標識 | トップページ | 古墳を探索に思う歴史 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキングコース:

« 緑のヘルシロードの標識 | トップページ | 古墳を探索に思う歴史 »