« 万両に蕾 | トップページ | 5回目の車検に »

2008年7月13日 (日)

夏日の新宿散策

 今日は第2日曜、某定例会出席のために新宿へ出かけた。 先月、新宿駅から目的地の新宿1丁目までを地下鉄に乗らずに歩いてみて、いろんな風景に出会い、懐かしさや、新しい発見に出会えたうれしさに、これからも路地を歩いてみようと決意したことを早速実行してみた。

 Photo_9 蒸し暑さに新宿散策も気が重いが気合いを入れて1時間チョット早めに出かける。Photo_17 今日は伊勢丹前から裏通りに入り、花園通りに沿って歩いてみました。 最初に出会ったのが新宿末広亭である。上野の鈴本演芸場、浅草演芸ホール、池袋演芸場と並んで、落語寄席四席の一つです。末広亭と書かれた提灯とのぼり、落語家の名前が独特の寄席文字で書かれた木札がさがり、庶民の娯楽である落語を感じさせる佇まいである。笑いは命の泉と言われている、ストレスや厭世を忘れ命の洗濯にお笑いに興じるのもいいかなと思う 。

  Photo_12 Photo_18そこから東に向かい、花園通りに入る手前の通りを横切ると、その中央分離帯の植木の中に里芋の葉がが車道側にはみ出すように生えていた。花園通りを200㍍も行くと右に新宿公園があり、アスファルト通りと密集した建物の中に現れた緑の樹木が都会のオアシスを感じされる。涼を求める人がベンチに座り、寝ころびそれぞれ思い思いに過ごしていた。

 Photo_13 Photo_14 南側に隣接して大宗寺がある。入り口右側に仏像(大仏)があり、ともあれ合掌。あすからの盆踊り会場になるらしく、会場設営の準備作業が行われていた。 お盆といえば8月が定番だが、東京は新暦の7月に行います。Photo_15 私も子供のころからお盆は7月と思っていましたが、社会人になって多くの人が8月にお盆をすることを知りました。檀家巡りをしている坊さんの後ろ姿を見つけました。

 Photo_16 北側の靖国通り沿いには正宗院というお寺があり,、針塚と書かれた石碑が立っていました。敷地は小さいのですが、立派な梵鐘や寺務所に由緒あるお寺さんなのかと感じました。次回はというより涼しい時にゆっくりと拝観させてもらいます。ペットボトル500ccが空になり、その分汗をかいた1時間でした。

|

« 万両に蕾 | トップページ | 5回目の車検に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏日の新宿散策:

« 万両に蕾 | トップページ | 5回目の車検に »