« 庭木の手入れ | トップページ | わんぱく村 »

2008年6月 3日 (火)

菖蒲? あやめ?

Dsc_0790_5 Photo_7

きょうは昨日の梅雨入り宣言通り朝から雨模様。。台風の影響もあってか、北の高気圧から冷たい空気が流れ込んで寒さもひとしおだ。雨の花ショウブも風情があるかなと、城址あやめ園に4年ぶりに行ってみた。さすがにもの好きは私一人だけだった!。

4年前より10日早く来たせいか、花の数が非常に少なかった。花ショウブの一部とキスゲ?が咲いていた。見頃になるのにはあと2週間以上かかりそうだ。株数も少なく感じたが、気のせいであればよいのだが。

ブルーフェスティバルが6/8(日)~7/6(日)に行われるが、ラベンダーもこの冷え込みが続くと遅れそうだし、ラベンダーはやはり青空のもとでないと映えない。梅雨の合間の晴天を狙うしかなさそうだ。

Photo1 この町(菖蒲)に来るまでは、ショウブ、あやめ、杜若(かきつばた)の名前は知っていたが、その違いが分からなかった。いまでもショウブ以外は確信をもって言い当てることはできない。

まさに「いずれがアヤメかカキツバタ」です。

いま各地に××あやめ園があり、この季節、多くの人々の心を癒してくれていますが、一番多いのは花ショウブだと思われます。

Photo_2 Photo_3 ショウブは端午の節句の時に、ショウブ湯として葉が使われるます。サトイモ科で花はまるで別物なので区別がつきますが、葉だけ見たら分かりません。菖蒲を「しょうぶ」と読んだり、「あやめ」と読んだりするからより混乱してしまいます。Photo_4 Photo_5

「あやめ」は「文目」「綾目」からきているという説があり、花の付け根部分に黄色と紫の縞(虎斑)模様があるのが特徴で、生育地も乾燥地です。湿地帯や池の淵には生育しないそうです。

詳しいことは「http://www2.saganet.ne.jp/tukusi/iris/iris.htm」をご覧ください。

|

« 庭木の手入れ | トップページ | わんぱく村 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菖蒲? あやめ?:

« 庭木の手入れ | トップページ | わんぱく村 »