« 久しぶりの五月晴れも | トップページ | ポピーまつり »

2008年5月17日 (土)

パートナーが足を負傷

朝、妻の台所での動作がおかしい。ドン、ドンと音をたてて動いている様子。どうかしたのか聞いてみると、就寝中に右足に痛みを感じ、起きたら足首が痛くて歩けないというのだ。

とりあえず、休ませて朝食と洗濯を済ませてから病院へ行くことにした。家を出て病院の待合室までの車の乗り降り、歩くことも自分ではままならない状態。

あいにく病院は混んでいて診察まで2時間待ちだったが、運良く担当医はスポーツ医学専門医で痛みの場所と痛み具合を診てすぐに原因が判明した。

足首を上下に動かす前脛骨筋(すねの外側の筋肉)の筋尾(足の甲の部分に付いている部分)が炎症を起こしている。手の指の腱鞘炎と似たようなものだという。今日一日は痛みが酷く絶対安静、明日から少しづつ痛みが和らいでくるが、3週間は運動はしないようにと宣告された。

月曜日にハイキング、昨日はヨサコイ踊りの練習と足首に負担をかけ過ぎたためか。元来、足首を伸ばす方は柔らかいが、曲げる方が硬いのだ。足裏を床につけてしゃがみ込む姿勢がとれなず、後ろに転げてしまう。この硬さが影響しているようだ。

足首を曲げるような運動はしばらく避け、ストレッチで足首を柔軟にすることが予防になると言われた。

しばらく、主夫業専念になりそうだ。

|

« 久しぶりの五月晴れも | トップページ | ポピーまつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パートナーが足を負傷:

« 久しぶりの五月晴れも | トップページ | ポピーまつり »