« カーネーションの花飾り | トップページ | 心なごむ自然に出会う »

2008年5月12日 (月)

メガネの歴史

Dsc_0370_2 今日、新しいメガネと修理したメガネができてきた。

遠近両用メガネである。上の方は度が全く入っていないのだ。

良いのは視力だけ、裸眼で左右とも1.5ある。いかに勉強しなかったかの証左だろうね。

一か月ほど前、日常使っていたものを車の座席に置いたまま、その上に座ってしまい枠を壊してしまったのだ。

しばらく15年前に作ったメガネ(上)を使用していたが、新聞や本は読むのが辛いし 、パソコンでは目の疲れが著しので、先週メガネ屋にいってきた。

検眼の結果、今まで使用していたメガネ(7年前に作成=中)より少し度が強いほうが良いと言われた(自分でも感じていた)ので、新しく作るこにした(下)。

昨日までの「画像編集講座」とPC作業も、かなり目にはしんどかったが、これで目の疲労が楽になりそうだ。

良く言われるのですが、目の良い(視力の良い)人は老眼になるのが早いって本当なんでしょうかね? たしか48歳で老眼鏡をかけたと記憶しています。

|

« カーネーションの花飾り | トップページ | 心なごむ自然に出会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガネの歴史:

« カーネーションの花飾り | トップページ | 心なごむ自然に出会う »