« モニュメントのテーマは分かったが | トップページ | パノラマ画像の練習 »

2008年5月29日 (木)

懐かしい車

朝から冷たい雨模様にしまいかけた長袖シャツに上着を羽織る。
真夏日から数日で初春の気温の変化に、身体のリズムが狂いそうだ。

プールに行ったら駐車場で懐かしい車に出会った。
70年から74年にかけて生産された「20型カローラ」、カローラの2代目である。Photo_2

コンパクトカーの代表格で、日産サニーと双璧をなす存在として販売台数を競っていた。
若者にはカローラレビンとサニーエクセレントの2ドアクーペが人気車種であったと記憶している。

私が初めて車を買ったのが71年で、初代カローラの中古だった。事故車だったのだろうか?ラジエターの水漏れに悩まされた。
蓋の付いたポリバケツに水を入れ走り、ラジエターの水が減るとに補充し、公園ではバケツに水を補給したりと苦労した事もあった。
ついにはラジエターの穴を自分で溶接して塞いでしまった。アナログ時代の車はそれなりに自前で点検・修理ができたものだ。

車検切れとなった1年半後の72年暮れに、この2代目を思い切って新車で買った。翌春にはその車で○○旅行、中・南九州を回ったのだ。

そんな思い出がある車と同じものが、いまから34年以上前の車が現役で走っているのだ。
 
珍しさ!
懐かしさ!
なによりも驚いたね!!

オーナーは維持・管理に苦労されているだろうが、きっと車が好きな人なのだろう。それもアナログ車が。

|

« モニュメントのテーマは分かったが | トップページ | パノラマ画像の練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
懐かしい車ですね。
私は、68年にパブリカの中古を購入しました。
それも水漏れがして、ガソリンスタンド毎に水を補充したことを覚えています。
それは直ぐに新車に切替えて、サニー1000を購入しました。
それで、夏休みに中部日本を一周しました。その頃あった1000km整備はパスで、帰ってきたら5000km整備でした。
その頃は、高速道路も少なく、デコボコ道を走り、エアコンもなく、ほこりを被り、乗鞍へ上る途中では、エンジンがオーバーヒートしました。
アナログの車は、自分で手入れでき、サニー1200用のキャブレターを載せ替えたこともありました。
本当に懐かしい車ですね。
しかし、自動車部品関係の仕事をしていましたので、このような車があると部品要求が来たら、対応が大変でした。

投稿: 昭 JIJI | 2008年5月30日 (金) 06時01分

JIJIさんおはようございます。

同じような体験してたのですね。
今になってみれば楽しい思い出ですが。
なにしろ車を持つことが夢であった時代でしたから。
そういえば8トラのカセット、スピーカーを座席後ろのパネルに穴を開け取り付けたことを思い出しました。

部品はどうしているのか心配でしたが、対応してくれる業者もあるのですね。

投稿: 青さん(正巳) | 2008年5月30日 (金) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい車:

« モニュメントのテーマは分かったが | トップページ | パノラマ画像の練習 »